ニュース

平井堅、今年もクリスマス〈Ken's Bar〉開催!

平井堅   2009/12/24 14:40掲載
はてなブックマークに追加
平井堅、今年もクリスマス〈Ken’s Bar〉開催!
 動員数150万人を突破した大ヒット映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』の主題歌「僕は君に恋をする」が着うた(R)100万ダウンロードを突破するなどロング・ヒットを記録中の平井堅。そんな彼がクリスマス時期恒例のライヴ・イベント〈Ken’s Bar〉を今年も開催しました。

 〈Ken’s Bar〉は「お酒やソフト・ドリンクや軽食をとりながら、リラックスした環境でライヴを楽しんでほしい」という本人発案のコンセプト・ライヴ。開催当初(1998年5月)はお客さんが30人程度入る小さなスペースで行なわれていましたが、その充実した内容が口コミで広まり、2005年には東京ドームで開催するほどに大規模なイベントになりました。また、同コンセプトのもとアルバムCDも発売されており、2003年には坂本九「見上げてごらん夜の星を」を収録した『Ken's Bar』を、今年5月には美空ひばりとの仮想デュエットなどを収録した『Ken’s BarII』をリリースしており、いずれもカヴァー曲のみを収録したアルバムながらも大ヒット記録しています。

 そんな〈Ken’s Bar〉はここ数年クリスマス・シーズンにも開催されており、ファンの間では恒例となっていますが、昨年の横浜アリーナに続いて、今年は12月23日にさいたまスーパーアリーナにて開催されました。

 チケットは即日完売となり、会場は25,000人のファンで埋め尽くされました。当日はX’masイヴイヴということもあり、平井は「サイレント・ナイト(きよしこの夜)」などの名曲カヴァーを披露。超満員のさいたまスーパーアリーナは、一足早いX’masムードに彩られ、〈Ken’s Bar 2009 Winter〉は大成功のうちに終了しました。

 2010年にはブレイクのキッカケとなった大ヒット楽曲「楽園」のリリースから10周年、そしてデビューから15周年を迎える平井堅。アニヴァーサリー・イヤーを迎える来年の動向にも引き続き注目です!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015