ニュース

稲葉浩志、ソロ・ライヴ〈en-ball〉最終公演が開催

稲葉浩志   2014/06/23 15:38掲載
はてなブックマークに追加
稲葉浩志、ソロ・ライヴ〈en-ball〉最終公演が開催
 今年2月にソロ・プロジェクトを始動したB'z稲葉浩志。オフィシャル・サイト「en-zine」(en-zine.jp)の立ち上げ、新曲配信、アルバム『Singing Bird』のリリース続き、4年ぶりの開催となったソロ・ライヴ〈Koshi Inaba LIVE 2014 〜en-ball〜〉最終公演が6月20日(金)、東京・品川「ステラボール」で行なわれました。同会場のみで10公演を敢行するという異例のライヴ、最終公演の模様は全国の映画館で初のライブ・ビューイングも実施。

 稲葉がひとり、ステージに現れ、アコースティック・ギターをかき鳴らしながら歌う「ジミーの朝」でライヴはスタート。幻想的な世界が広がる「Golden Road」、檻の向こうで振り絞るように演奏された「念書」と、ダイナミックな紗幕の演出に大歓声が上がる。「会場のみんな、そして、全国のみんなにこの歌を捧げます」というMCからはじまった本編ラスト、「oh my love」では、感動のうねりが会場を包み込んでいく。

 アルバム『Singing Bird』からの曲を中心に、全23曲が披露された最終日。6月5日からはじまった10公演は公演ごとに異なるセットリストが組まれ、同じ空間でも、それぞれの日にしか生まれない熱気と特別な場面をオーディエンスと作りあげてきたその道のりが、まるで走馬灯のように巡るフィナーレに。

 「新しいことにチャレンジした、この品川ステラボールで最後の最後まで気持ち良く歌わせていただきました。最高のバンドメンバーにも出会い、今さらながら改めて音楽に感謝したい気持ちでいっぱいです。夢のような10日間をありがとう」と、最後に稲葉は感謝の言葉をおくりました!

クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015