ニュース

イット・バイツ復活!19年ぶりのスタジオ・アルバムをリリース

イット・バイツ   2008/09/01 15:33掲載
はてなブックマークに追加
イット・バイツ復活!19年ぶりのスタジオ・アルバムをリリース
 ロック、ポップス、ジャズなどを取り込んだ間口の広い音楽性で、ここ日本でもプログレッシヴ・ロック・ファンを中心に高い人気を得た、英国バンドのイット・バイツ(It Bites)。いよいよファン待望の復活アルバム『Tall Ships』(写真)がリリース決定! 約19年ぶりのスタジオ・アルバムとなります。

 イット・バイツは86年にデビュー。70年代のブリティッシュ・プログレ・バンドが持っていたポップ性豊かな大作主義と、80年代的なクリアなハード・サウンドを合わせ持つバンドとして人気を獲得。『ザ・ビッグ・ラド・イン・ザ・ウィンドミル』(86年)、『ワンス・アラウンド・ザ・ワールド』(88年)、『イート・ミー・イン・セントルイス』(89年)という3枚のスタジオ・アルバムを残しますが、90年に一旦解散します。

 バンドが本格的に復活したのは2006年。フロントマンであったフランシス・ダナリー(vo/g)は不参加であるものの、ジョン・ベック(key)、ディック・ノーラン(b)、ボブ・ダルトン(ds)のオリジナル・メンバーに、ジョン・ミッチェル(vo/g)を加えた構成での復活となっています。

 すでに2007年にライヴ・アルバム『When The Lights Go Down』を発表していた新生イット・バイツですが、いよいよファン期待のスタジオ・アルバムが完成! 公式サイトでの直販を経て、9月29日に一般発売もされます。アルバムは全11曲入り。バンドのMySpaceページでは試聴も行なえますので、久々の復活作に心弾むアナタなら訪れてみては?


『Tall Ships』
01. Oh My God
02. Ghosts
03. Playground
04. Memory Of Water
05. Tall Ships
06. Wind That Shakes The Barley
07. Great Disasters
08. Fahrenheit
09. For Safekeeping
10. Lights
11. This Is England
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”
[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』
[特集] 半美子、今こそ“心のふるさと”に帰ろう、半美子初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム
[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表
[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る[インタビュー] DJ KAORI、デビュー20周年を迎えた人気DJが、ディズニーの名曲をノンストップミックス
[インタビュー] 何事にも全力!丘みどり、デビュー15周年ベスト・アルバムを発表[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015