ニュース

イット・バイツ復活!19年ぶりのスタジオ・アルバムをリリース

イット・バイツ   2008/09/01 15:33掲載
はてなブックマークに追加
イット・バイツ復活!19年ぶりのスタジオ・アルバムをリリース
 ロック、ポップス、ジャズなどを取り込んだ間口の広い音楽性で、ここ日本でもプログレッシヴ・ロック・ファンを中心に高い人気を得た、英国バンドのイット・バイツ(It Bites)。いよいよファン待望の復活アルバム『Tall Ships』(写真)がリリース決定! 約19年ぶりのスタジオ・アルバムとなります。

 イット・バイツは86年にデビュー。70年代のブリティッシュ・プログレ・バンドが持っていたポップ性豊かな大作主義と、80年代的なクリアなハード・サウンドを合わせ持つバンドとして人気を獲得。『ザ・ビッグ・ラド・イン・ザ・ウィンドミル』(86年)、『ワンス・アラウンド・ザ・ワールド』(88年)、『イート・ミー・イン・セントルイス』(89年)という3枚のスタジオ・アルバムを残しますが、90年に一旦解散します。

 バンドが本格的に復活したのは2006年。フロントマンであったフランシス・ダナリー(vo/g)は不参加であるものの、ジョン・ベック(key)、ディック・ノーラン(b)、ボブ・ダルトン(ds)のオリジナル・メンバーに、ジョン・ミッチェル(vo/g)を加えた構成での復活となっています。

 すでに2007年にライヴ・アルバム『When The Lights Go Down』を発表していた新生イット・バイツですが、いよいよファン期待のスタジオ・アルバムが完成! 公式サイトでの直販を経て、9月29日に一般発売もされます。アルバムは全11曲入り。バンドのMySpaceページでは試聴も行なえますので、久々の復活作に心弾むアナタなら訪れてみては?


『Tall Ships』
01. Oh My God
02. Ghosts
03. Playground
04. Memory Of Water
05. Tall Ships
06. Wind That Shakes The Barley
07. Great Disasters
08. Fahrenheit
09. For Safekeeping
10. Lights
11. This Is England
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015