ニュース

イット・バイツ復活!19年ぶりのスタジオ・アルバムをリリース

イット・バイツ   2008/09/01 15:33掲載
はてなブックマークに追加
イット・バイツ復活!19年ぶりのスタジオ・アルバムをリリース
 ロック、ポップス、ジャズなどを取り込んだ間口の広い音楽性で、ここ日本でもプログレッシヴ・ロック・ファンを中心に高い人気を得た、英国バンドのイット・バイツ(It Bites)。いよいよファン待望の復活アルバム『Tall Ships』(写真)がリリース決定! 約19年ぶりのスタジオ・アルバムとなります。

 イット・バイツは86年にデビュー。70年代のブリティッシュ・プログレ・バンドが持っていたポップ性豊かな大作主義と、80年代的なクリアなハード・サウンドを合わせ持つバンドとして人気を獲得。『ザ・ビッグ・ラド・イン・ザ・ウィンドミル』(86年)、『ワンス・アラウンド・ザ・ワールド』(88年)、『イート・ミー・イン・セントルイス』(89年)という3枚のスタジオ・アルバムを残しますが、90年に一旦解散します。

 バンドが本格的に復活したのは2006年。フロントマンであったフランシス・ダナリー(vo/g)は不参加であるものの、ジョン・ベック(key)、ディック・ノーラン(b)、ボブ・ダルトン(ds)のオリジナル・メンバーに、ジョン・ミッチェル(vo/g)を加えた構成での復活となっています。

 すでに2007年にライヴ・アルバム『When The Lights Go Down』を発表していた新生イット・バイツですが、いよいよファン期待のスタジオ・アルバムが完成! 公式サイトでの直販を経て、9月29日に一般発売もされます。アルバムは全11曲入り。バンドのMySpaceページでは試聴も行なえますので、久々の復活作に心弾むアナタなら訪れてみては?


『Tall Ships』
01. Oh My God
02. Ghosts
03. Playground
04. Memory Of Water
05. Tall Ships
06. Wind That Shakes The Barley
07. Great Disasters
08. Fahrenheit
09. For Safekeeping
10. Lights
11. This Is England
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015