ニュース

ジェイコブ・コリアー、「ジェシー・プロジェクト」の最終作を発表 日本で製作されたMVを公開

ジェイコブ・コリアー   2023/09/22 12:52掲載
はてなブックマークに追加
ジェイコブ・コリアー、「ジェシー・プロジェクト」の最終作を発表 日本で製作されたMVを公開
 〈SUMMER SONIC〉での星野源との共演が話題となったジェイコブ・コリアー(Jacob Collier)が、ニュー・アルバム『ジェシー Vol. 4』を2024年2月29日(木)に発表します。このアルバムは、2018年にスタートした「ジェシー・プロジェクト」4部作のフィナーレを飾るもの。第1弾シングルとして、ブランディ・カーライルをフィーチャーした「リトル・ブルー」が、日本で製作されたミュージック・ビデオとあわせて公開されています。

 アルバムは、過去3作で探求された要素を反映させつつ、人間の感情を表現するというコンセプトで制作され、今や彼の代名詞といえる、コンサートでのオーディエンス・クワイアのような人間の声の力を祝福するような内容。世界各国のアーティストや音楽を網羅した、まさにプロジェクトの集大成です。すでにシングルとしてリリースされている「ネヴァー・ゴナ・ビー・アローン」や「WELLLL」も収録し、アートワークは複雑かつ幻想的なガラス彫刻やコラージュ作品で知られるブルックリンのアーティスト、ダスティン・イェリンが担当しています。

 新作について、コリアーは「5年前、自分ひとりで始めた音楽の旅をきっかけに、4作にもおよぶコラボレーション・アルバムという大きな夢を持って、僕は音楽と人生について最も偉大なヒーローだちから学ぶという壮大な冒険に旅立ったんだ。そして今回の『ジェシー Vol. 4』は、あらゆる意味で僕が30年かけて作り上げたアルバムと言える。この作品は僕にとって、世界各地のミュージシャンと作り上げた、人間への祝福のようなものなんだ。この実験の集大成として、10万人のオーディエンス・クワイアのようにこのアルバムの核心を成すサウンドを見つけることが出来たと思う。僕の声はまわりの人々の声と同じだし、みんながこの音楽というタペストリーの一部だということ。そして何よりも、このアルバムを作ることで、人生は魔法に満ちているということを思い出すことが出来たんだ」と語っています。

 第1弾シングルの「リトル・ブルー」は、冒頭のキャッチーなメロディが強い印象を残すバラード。昨年の来日時に開催された限定イベントにて、世界で初めて披露された楽曲です。ゲスト・ヴォーカルに、グラミー賞を3度受賞し、2022年にニューポート・フォーク・フェスティヴァルで行なわれたジョニ・ミッチェルの感動的な復活ライヴの中心人物としても大きな話題を呼んだブランディ・カーライルを迎え、楽曲に拡がりを持たせることに成功しています。そして彼がワールド・ツアーの公演中に観客と録音したオーディエンス・クワイアもフィーチャーされており、ジョナス・ブルーとの共演などで話題を呼んだカナダの若き逸材レノン・ステラがコーラスで、ノルウェーのレジェンド・マルチ奏者であるスティアン・カルステンセンがペダル・スティールで参加しています。

 参加したブランディ・カーライルは「この曲はとても素晴らしく、ジェイコブは世代を超えた才能の持ち主です。恥ずかしくなるほどいつも彼のことをチェックしているし、心が折れそうになるほど美しい彼の音楽を研究していますが、今回自分が彼の創作の一部になれるなんて、素晴らしい運命のいたずらです」とコメントしています。

 同時公開されたミュージック・ビデオの監督は伊藤聖也が担当。ジェイコブ本人の希望で日本にて撮影・制作され、折り紙やペーパークラフトでできた世界の中でジェイコブが海や森の中をさすらうというユニークな内容になっています。


Photo by ryoka ojima

ユニバーサル ミュージック
www.universal-music.co.jp/jacob-collier
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] YOYOKA    世界が注目する14歳のドラマーが語る、アメリカでの音楽活動と「Layfic Tone®」のヘッドフォン[インタビュー] 松尾清憲 ソロ・デビュー40周年 めくるめくポップ・ワールド全開の新作
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015