ニュース

菊地凛子、初の日本映画単独主演『658km、陽子の旅』で熊切和嘉監督と20年ぶり再タッグ&全編ノーメイクで熱演

菊地凛子   2022/12/08 12:10掲載
はてなブックマークに追加
菊地凛子、初の日本映画単独主演『658km、陽子の旅』で熊切和嘉監督と20年ぶり再タッグ&全編ノーメイクで熱演
 『バベル』で米アカデミー助演女優賞にノミネートされ、その後『パシフィック・リム』シリーズ等数々のハリウッドやヨーロッパ作品で主要な役を重ねてきた国際的な俳優の菊地凛子が、20年ぶりに熊切和嘉監督とタッグで初の日本映画単独主演を務める『658km、陽子の旅』が2023年に公開されます。

 本作で監督を務める熊切和嘉は、2001年『空の穴』の劇場デビュー作で当時新人の菊地をヒロインに抜擢。以降それぞれ別の道で活躍し、2021年、熊切監督は本作で1人ヒッチハイクで東北を旅する主人公の陽子を、菊地凛子しかいないとオファー。菊地は「自分を見出してくれた熊切監督ならば」とオファーを快諾。20年の時を経た監督と俳優の邂逅となりました。“陽子”は菊地がデビュー時代から過ごした時代背景そのままに就職氷河期世代。父の訃報を受け東京から青森県弘前市の実家まで、思いがけずヒッチハイクで向かう羽目に陥っていきます。菊地は初冬の東北を舞台に過酷な状況に身を置く主人公を、全シーン、ノーメイクの体当たりで演じ切り、全幅の信頼を置く熊切監督に文字通り全てをゆだね渾身の演技を披露。“ロスジェネ”とも呼ばれるこの世代が背負うリアルを見事に表現しています。

 『嘘を愛する女』『哀愁しんでれら』等の話題作を輩出する映画オリジナル企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM(TCP)」の新たな作品が本作。2019年に開催されたTCP2019脚本部門の審査員特別賞を受賞。『ノン子36歳(家事手伝い)』や『夏の終り』で詩情豊かに繊細な女性を描いてきた熊切監督は、この企画を快諾し参加。原案脚本の受賞者である室井孝介と脚本をさらに深め、現代を繊細に生きる“陽子”像をより浮き彫りにし、閉ざしていた陽子の心の動きに、未だ震災の爪痕残る東北の風景を重ねて、原案脚本からよりドラマティックな内容へと昇華しました。

[コメント]
熊切和嘉監督には、20年前私が女優としてやっていけるか、不安だった時に『空の穴』ではじめて大きな役をいただきました。この作品をきっかけに私は俳優の道を行くことを決め『バベル』など海外の作品にも挑戦することが出来ました。この20年間、熊切監督が活躍されている姿や作品を拝見するたびに、自分はまた声をかけてもらえる俳優として成長できているのか、もしその時がきたら全力で熊切監督の作品にぶつかっていこうと思っていました。その思いが、形となって、この作品で、ついに叶いました。40歳台となった私の新たな道の節目として、この作品に参加できたことを何よりも誇りに思います。
――菊地凛子

最初に出会った頃の菊地さんはまだ本名で活動されていて、僕ら映画を撮ってる仲間うちでの「妹分」みたいな存在でした。それがあれよあれよという間に国際的な映画俳優になって、活躍を嬉しく思う反面、もう二度と逢えないのかなと寂しくも感じていました。それがまさか、こうして20年ぶりに一緒に映画を作れるとは!毎日が新鮮で感慨深く、本当に夢のような撮影でした。
――監督: 熊切和嘉

最初は映画になるあてもなく、ただこの物語を形にしなければという思いで脚本を書いていました。まさか菊地凛子さん主演、熊切監督で実現するとは。劇場の大きなスクリーンで多くの人に見てもらえるのを楽しみにしています!
――原案・共同脚本: 室井孝介

©2023「658km、陽子の旅」製作委員会

『658km、陽子の旅』
2023年 全国公開
culture-pub.jp/yokotabi.movie
配給: カルチュア・パブリッシャーズ
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015