ニュース

栗山千明“CHiAKi KURiYAMA”として歌手デビュー! デビュー曲はガンダム最新作主題歌!

栗山千明   2010/01/19 15:07掲載
はてなブックマークに追加
栗山千明“CHiAKi KURiYAMA”として歌手デビュー! デビュー曲はガンダム最新作主題歌!
 クエンティン・タランティーノ監督『キル・ビル Vol.1』出演でその名を世界に轟かせ、現在も数多くの映画、ドラマ、CMと大活躍中の女優・栗山千明。2月24日(水)に“CHiAKi KURiYAMA”(チアキクリヤマ)として歌手デビュー! シングル「流星のナミダ」をリリースします。

 「流星のナミダ」は『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』主題歌に抜擢されており、1月20日(水)より着うた(R)配信がスタート! こちらもお忘れなく。

 もともと音楽が好きで、好きなアーティストのライヴに出かけたり、カラオケで歌うのも大好きだという栗山千明。映画などでの役柄もあってクールなイメージで見られがちですが、「何か新しいことに挑戦したい」という思いと音楽への思いが重なり、今回のデビューが実現!

 女優としてのキャリアは長いものの、アーティストとしてはゼロからのスタートということで、“CHiAKi KURiYAMA”という新たな名前でデビューすることに。“CHiAKi KURiYAMA”の中には、3つの「i(=私)」が存在しており、「素顔の女の子としての私。」「女優としての私。」そして、「シンガーとしての私。」という意味が込められています。

 さらに、デビュー曲となる「流星のナミダ」は、『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』主題歌に抜擢。

 『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』は、『亡国のイージス』などで知られる人気作家・福井晴敏の小説をアニメ化したもので、その舞台は、1988年に公開された劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の3年後となる“宇宙世紀”の新たな流れを描いたファン待望の『機動戦士ガンダム』新章。

 すべてのガンダム・ファンが大注目している最新作。来月2月20日より全国5大都市の映画館でイベント上映され、翌月3月12日にはBlu-ray Disc&DVDにて発売が決定、また、公開と同時にPlayStationStoreにて海外にも配信されるという、ワールドワイドかつスケールの大きな作品となっています!


<栗山千明/CHiAKi KURiYAMAからのコメント>

●アーティスト・デビューに関して
 「女優は、常に何かを“演じて”います。音楽というのは、自分自身を一番出せる表現方法だと思います。<流星のナミダ>のようなバラード曲はもしかしたら女優・栗山千明のイメージとはギャップがあるかもしれませんが、実は等身大の自分に近くて、聴いた方がどう感じるかも楽しみです。私自身レコーディングした自分の歌声を聴いて新たな発見がありました。アーティスト“CHiAKi KURiYAMA”の活動は、はじまったばかりですが、自分も楽しみながら、聴いてくださる方には“こんな人だったんだ”という風に感じてもらえたらと思います」

●デビュー曲「流星のナミダ」に関して
 「この曲をレコーディングをしたのは、長時間の舞台や映画・ドラマの撮影で忙しい時期でした。忙しくて大変な時って、自分一人で戦ってるような気持ちになりがちですが、この曲に出会ったとき、“一人じゃないんだ”というメッセージに強く共感しました。優しい歌ですが、サビには力強いメッセージが込められていると感じました。聴いてくださる方にも、“一人でがんばっているんじゃないんだ”というメッセージが届けられたらと思います」


※2月24日発売
CHiAKi KURiYAMA「流星のナミダ」

●初回生産限定盤/CD+DVD
(DFCL1619〜1620 税込1,529円)

<CD>
[収録曲]
01. 流星のナミダ
02. 結界IN MY BED
03. 流星のナミダ (Instrumental)
<DVD>
「流星のナミダ」MUSIC VIDEO

●ガンダム盤(期間生産限定盤)/CD
(DFCL-1621 税込1,529円)

[収録曲]
01. 流星のナミダ
02. 結界IN MY BED
03. 流星のナミダ(MOVIE Version)
04. 流星のナミダ (Instrumental)
※カトキハジメ描き下ろし『機動戦士ガンダムUC』コレクターズ収納BOX
※『機動戦士ガンダムUC』ポストカードジャケット封入

●通常盤/CD
(DFCL1622 税込1,223円)

[収録曲]
01. 流星のナミダ
02. 結界IN MY BED
03. 流星のナミダ (Instrumental)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015