ニュース

黒田卓也、12月9日(金)NHK「あさイチ」生出演決定 ジャパン・ツアーも開催間近

黒田卓也   2016/12/06 12:52掲載
はてなブックマークに追加
黒田卓也、12月9日(金)NHK「あさイチ」生出演決定 ジャパン・ツアーも開催間近
 “サムライ・トランぺッター”と称される米ニューヨーク在住のジャズ・トランぺッター、黒田卓也が12月9日(金)放送のNHK総合テレビ「あさイチ」に生出演し、ライヴ・パフォーマンスを披露することが決定。

 黒田は20代前半で単身渡米。10年以上ジャズの本場で実力を磨き、2014年に日本人として初めて米プルーノート・レコードと契約。アルバム『ライジング・サン』でのメジャー・デビュー以降も世界的な活躍を続け、今年9月には2年半ぶりに2ndアルバム『ジグザガー』を米コンコード・ミュージックからリリースしました。最近ではニューヨーク在住の日本人ジャズ・ミュージシャン5人によって結成されたJ-Squadのメンバーとして、テレビ朝日系ニュース番組「報道ステーション」のテーマ曲「Starting Five」を担当しています。

 今回の「あさイチ」では“特選!エンタ”コーナーにバンドで出演し、生演奏をたっぷり披露する予定。コーナーMCを務めるグッチ裕三とのコラボレーションも実現するかもしれません。

 また、新作『ジグザガー』を携えてのジャパン・ツアーが12月13日(火)愛知・名古屋 BLUE NOTEを皮切りにスタート。12月15日(木)北海道・札幌 cube garden、16日(金)・17日(土)東京・南青山 BLUE NOTE TOKYO、19日(月)大阪・梅田 CLUB QUATTROの計4都市5公演を行ないます。さらにツアー開始前日の12月12日(月)には、大阪・梅田 蔦屋書店 ガーデンラウンジ ステージにて観覧無料のトーク&ライヴを開催。詳しくはユニバーサルミュージック・オフィシャルサイト(www.universal-music.co.jp/kuroda-takuya)でご確認ください。

Photo by Hiroyuki Seo
 
「あさイチ」
2016年12月9日(金)
NHK総合テレビ
8:15〜9:54
※黒田卓也は9:00台「特選!エンタ」コーナーへの出演
※番組内容・放送時間が変更になる場合があります

www1.nhk.or.jp/asaichi

黒田卓也
“Zigzagger”


・2016年12月13日(火)
愛知 名古屋 BLUE NOTE

・2016年12月15日(木)
北海道 札幌 cube garden

・2016年12月16日(金) / 17日(土)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO

・2016年12月19日(月)
大阪 梅田 CLUB QUATTRO

[メンバー]
黒田卓也(tp)
大林武司(key)
クレイグ・ヒル(ts)
ラシャーン・カーター(b)
アダム・ジャクソン(dr)


黒田卓也 トーク&ライブ
2016年12月12日(月)
大阪 梅田 蔦屋書店 ガーデンラウンジ ステージ
出演: 黒田卓也(tp) / 大林武司(key)
開場 18:30 / 開演 19:00
参加無料
real.tsite.jp/umeda/event/2016/11/post-232.html
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015