ニュース

桑田佳祐、地元茅ヶ崎での『MUSICMAN』リスニング・パーティに登場!

桑田佳祐   2011/02/21 15:00掲載
はてなブックマークに追加
 ZEPP福岡を皮切りに、全国の主要都市で開催されてきた、桑田佳祐のニュー・アルバム『MUSICMAN』完成記念プレミアム・リスニング・パーティ。その最終回が、2月19日(土)に桑田の地元・茅ヶ崎は「茅ヶ崎市民文化会館・大ホール」で開催! まさかの本人登場に会場が沸きました!

 当日、集まったは、約25,000通にも及んだ応募の中から当たった、約1,500人のファン。開演とともに、ニュー・アルバム『MUSICMAN』を約70分にわたって、まるごと試聴したのち、桑田がステージにサプライズで登場! 初日の福岡にもサプライズ出演をした桑田でしたが、一部報道でもあったとおり、その後風邪を引いたことで大事を取り、札幌、大阪、東京、仙台、名古屋への出演はありませんでした。しかし、体調も無事に回復してきたことに加え、全国7ヵ所でのリスニング・パーティ最終日、さらに、桑田本人の地元ということもあり、この日はサプライズ出演することを決め、再びファンを前にパフォーマンスを披露!

 「明日晴れるかな」のイントロと同時に、桑田がステージに姿を現すと観客は一気にヒートアップ! 一曲歌い終わると「ご迷惑、ご心配をおかけしました。ただいまでございます!」と挨拶。そして「このステージ(茅ヶ崎市民文化会館)は30年ぶりです」「ふるさとがあって本当に良かった」と茅ヶ崎への思いを語り、その後、「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」、そしてまさに茅ヶ崎について歌った「MY LITTLE HOMETOWN」を披露し、最後には『MUSICMAN』にも収録されている「本当は怖い愛とロマンス」と、全4曲を歌った後、「また、会いましょう!」と元気にステージを後にしました。

 桑田が茅ヶ崎のステージに立つのは、2000年に行なわれた、伝説のサザンオールスターズ「茅ヶ崎ライブ」以来。会場に集まったファンの中には、あのときの興奮が一気に甦ってきた人も少なくなかったのでは。

 さらにこの日、桑田の2つのテレビ出演情報が発表に。ひとつは、2月25日(金)20:00より放送のテレビ朝日系『MUSIC STATION』への生出演(ソロでの出演は2009年以来!)。今回は『MUSICMAN』から、「銀河の星屑」と「月光の聖者達」をメドレーでテレビ初披露。

 そしてもうひとつは、NHKで翌26日(土)20:00〜20:43放送となる『復活!桑田佳祐ドキュメント〜55歳の夜明け』。こちらは、桑田が病気を克服し、音楽活動を再開、ファンに元気な姿を見せるまでのドキュメンタリー番組。昨年10月からスタジオでのレコーディングを再開した桑田に密着、レコーディングだけでなく、紅白歌合戦での鮮やかな復活、本日行われた試聴会の模様などに加え、ロングインタビューやスタジオでのパフォーマンスも含めた必見のプログラムです!


桑田佳祐
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015