ニュース

LUNA SEA、タワーレコード渋谷店にサプライズ訪問

LUNA SEA   2013/12/13 15:01掲載
はてなブックマークに追加
 オリジナル作としては13年5ヶ月ぶりとなるニュー・アルバム『A WILL』(写真)をリリースしたLUNA SEA。発売日の12月11日(水)、東京・タワーレコード渋谷店にメンバーRYUICHIINORANJがサプライズ訪問。

 現在タワーレコード渋谷店では、ニュー・アルバムのリリースを記念したイベント〈LUNA SEA × TOWER RECORDS presents A WILL〉を開催中。この日のLUNA SEA来店はまったくアナウンスされておらず、完全サプライズを実現。メンバーがイベント会場に姿を現すと、偶然居合わせたファンからは歓声とも驚愕の声ともつかない声が沸き起こりました。

 RYUICHI、INORAN、Jの3人は、イベント会場に展示されているメンバーの使用機材や写真の展示を興味深く見学した後、会場に設置された特大写真に全員でサイン。久々の新作をリリースした心境を問われたRYUICHIは「アルバムをこうして皆に届けられる日が来るというのは、不思議で新鮮で驚きに満ちています」とコメント。INORANは「13年ぶりにニューアルバムを出せること自体、ここまで支えてくれたファンの方々に感謝です」、Jは「最高ですね。思いはアルバムの中に全部詰まっているので、ぜひ聴いてもらえればなと思います」とそれぞれ喜びの気持ちを語りました。イベントでは展示などに加え、今後期間限定でアルバム収録曲の爆音放送やライヴ映像の上映が行なわれる予定とのこと。

 『LUNACY』(2000年7月発売)以来のニュー・アルバムとなる『A WILL』には、初日本語タイトルのシングル曲として話題を呼んだ「乱」をはじめ、「Thoughts」「The End of the Dream / Rouge」といった一連シングル作を含む全11曲を収録。RYUICHIが「すごく時間をかけて煮詰めて煮詰めて作った作品で、僕らにとっては分身のようなもの」と語る本作は、第二期LUNA SEAの本格的な幕開けを飾る壮大なロック・ナンバー「Anthem of Light」で幕を開け、LUNA SEA特有のプログレッシヴでハードな側面とキャッチーで普遍的な面とが混在する音楽的振り幅の広い作品に仕上がっており、13年5ヵ月というブランクをまったく感じさせません。

 2014年の25周年記念ライヴ開催を発表したばかりのLUNA SEA。RYUICHIが「たくさん新しい世界を皆と一緒に見ていけたらいいなと思っているので、ぜひ楽しみにしていて下さい」と語る“第二期LUNA SEA”に要注目です。

クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます


■2013年12月11日(水)発売
LUNA SEA
『A WILL』


[初回限定盤A PREMIUM PACKAGE]
SHM-CD + Blu-ray
UPCH-9905 税込5,980円

[初回限定盤B]
CD + DVD
UPCH-9906 税込3,980円

[通常盤]
CD
UPCH-1953 税込3,059円

[アナログ盤サイズ SPECIAL PACKAGE]
数量限定生産 CD + DVD
PDCJ-1064 税込4,980円

※数量限定盤 / アナログ盤サイズ豪華パッケージ
※収録内容は初回限定盤Bと同内容になります。
※“
ユニバーサルミュージックストア”のみでの販売となります。
※数量限定商品の為、上限に達し次第販売を終了致します。


LUNA SEA x TOWER RECORDS presents
A WILL


2013年12月5日(木)〜23日(月・祝)
東京 タワーレコード渋谷店 8F SpaceHACHIKAI
11:00〜21:00
入場料 500円(税込)
※小学生以下無料
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット
[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー![インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに
[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015