ニュース

マカロニえんぴつ、新曲が『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』主題歌に決定

マカロニえんぴつ   2021/02/25 12:28掲載
はてなブックマークに追加
マカロニえんぴつ、新曲が『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』主題歌に決定
 マカロニえんぴつの新曲「はしりがき」が、『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』主題歌に決定しました。あわせて、同曲が使用された最新予告映像がYouTubeにて公開されています。

 今年29作目を迎える『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』は、4月23日(金)に全国東宝系公開が決定。映画クレヨンしんちゃん『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』『爆睡!ユメミーワールド大突撃』の盒蕎監督と、『オラの引っ越し物語 〜サボテン大襲撃〜』『新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜』のうえのきみこの脚本でおくる最新作となっています。レギュラー放送も手掛ける2人の最強タッグが織り成す“しんのすけワールド”は爆笑必至。そんな最高のスタッフたちが生み出す新たな劇場版クレヨンしんちゃんは、なんとシリーズ初の本格(風)学園ミステリーとのこと。

 公開された最新予告映像では「はしりがき」も使用されているほか、先日公開されたゲスト声優の仲里依紗、フワちゃん、チョコレートプラネットがそれぞれ演じたキャラクターで登場しています。

 主題歌担当に抜擢されたマカロニえんぴつは、SpotifyのCMに起用された「恋人ごっこ」をはじめ、CMソングやTVアニメの主題歌などでも注目を浴びる、人気急上昇中のロック・バンド。本映画のために書き下ろしたという「はしりがき」について、ヴォーカルのはっとりは「“青春ってこういうものだよ!”と言わず“あなたの青春は何ですか?”と問いかけるような楽曲にしようと思いました」と語り、カスカベ防衛隊のみんなが青春を謳歌して走っているイメージでアップ・テンポな楽曲に仕上げたという制作意図も明かしています。また、メンバー全員が「クレヨンしんちゃん」と共に育った生粋のファンということで、本作の起用についても「主題歌に決まった時は“まさか自分たちがやれるなんて!”という思いでモーレツに!嬉しかったです」と喜びのコメントを寄せています。

 「はしりがき」は、爽やかでスピード感あふれる楽曲の中に「仮面より、起こせアクション!」、「敵わないゾ、Oh父ちゃんの背中」など、その歌詞からも“しんちゃん愛”が溢れ出る一曲。大人から子供まで、全世代それぞれの“青春”を想起させるような彼らの楽曲が、しんのすけたちカスカベ防衛隊の学園生活を鮮やかに彩ることが期待されます。

[コメント]
今回主題歌を担当させて頂きます、マカロニえんぴつです!
「クレヨンしんちゃん」は子どものころから毎週アニメを見て、映画館にも行って、
週末にはレンタルショップにビデオを借りに行くという感じで、いつも生活の中にありました。
主題歌に決まった時は「まさか自分たちがやれるなんて!」という思いでモーレツに!嬉しかったです。

今回、映画のテーマとして“青春”は欠かせない部分で、
「青春ってこういうものだよ!」とは言わず「あなたの青春は何ですか?」と問いかけるような楽曲にしようと思いました。
“青春”は輝いていたり、後悔したり、友達との別れがあったり、何かに燃えたり…
これから自分で捕まえにいくものでもあると思います。
理想に近づこうとしている瞬間もまた青春だ!というメッセージを歌に込めて作りました。

そのくらい漠然としているものだと思います。歌や青春には一つの正解はないと思います。
でも、その“青春”によってケツに火がついて僕たちは走っているような気がします。
“青春”は生きることにおいて欠かせないものだと、この楽曲で感じてくれると嬉しいです。

――マカロニえんぴつ

まず、今回の映画主題歌はめちゃくちゃ良い曲です。
最初に主題歌をマカロニえんぴつさんにお願いする際に、
ご本人たちに「今回は青春がテーマなので、青臭さと疾走感がある曲が欲しいです」とお伝えしたところ、
はっとりさんから「良い曲が作れる気しかしません!」と心強いお言葉を頂きました。
なので僕も良い曲がもらえる気しかしていませんでしたが、
実際できた曲が期待以上の青春ソングだったので、心からマカロニえんぴつさんにお願いしてよかったと思いました。
曲を聴いたみなさまも、きっと僕と同じように感じてくださるはずです。
さらに言いますと、この「はしりがき」は映画にピッタリすぎる曲なので、
ぜひ劇場で映画を観ながら聴いて、最高の時間を過ごしてください。

――テレビ朝日 佐野敬信プロデューサー

マカロニえんぴつのみなさん、はじめまして〜!
オラの映画の主題歌うたってくれて、ありがとござます〜。
アオハル〜って感じの曲で、今回の映画にピッタリだったゾ!
ところで…マカロニなの?えんぴつなの?
食べられるの〜?食べられないの〜? どっち〜?
“クレヨン”と“えんぴつ”のすぺしゃるコラボ!!
マカロニパイセンの曲、みんなもきけば〜。

――野原しんのすけ


©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2021

『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』
2021年4月23日(金)より全国東宝系公開
shinchan-movie.com
配給: 東宝
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則
[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり
[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015