ニュース

メガデス、解散!

メガデス(Megadeth)   2002/04/04掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 つい先日に、初のライヴ・アルバムとなったルード・アウェイクニングや、デビュー・アルバムキリング・イズ・マイ・ビジネスのリマスター盤を発売したばかりのメガデスが解散してしまった。

 これは、彼らの公式HPなどで昨日明らかにされたもので、解散の原因は、フロントマンである“デイヴ・ムスティン”の手の神経に今年1月突如として襲ってきた激しい痛みの回復に、少なくとも約1年(それ以上とも)かかる恐れがあると医師から宣告されたため、当分の間、プレイヤーとしての活動を控えることにしたためだそうだ。

 公式HPには今回の解散について語る彼のコメントが掲載されており、その中には、ファンならずとも気になる今後についても触れられているのだが、それによると当分の間は、いちプレイヤーとしてではなく、他の面(プロデューサーなど)での音楽活動を主に行なっていくつもりなのだそうだ。

 デイヴ・ムスティンがメタリカから解雇され、メガデスを結成したのが、今から約20年も前である1983年。その後、常にシーンを引っ張る存在であった彼らの解散はとても悲しいことだが、デイヴ自身は病気が治り次第、また再びギタリストとして活動を行なっていくつもりだと宣言しているので、ここはゆっくりと静養してもらって、再び完全なる姿で我々の前に現れてくる日を心待ちにしていることとしよう! 一日でも早い復活を熱望します!
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015