ニュース

Metis、宮城県七ケ浜町で最後のピアノ返還ライヴを開催

Metis   2012/03/26 15:31掲載
はてなブックマークに追加
Metis、宮城県七ケ浜町で最後のピアノ返還ライヴを開催
 東日本大震災で大きな被害に遭った宮城県七ヶ浜町の被災ピアノを自費で修理し、復活させたMetis。3月23日(金)には宮城県七ケ浜国際村ホールで公開リハーサルを行ない、会場には300人を超える人が集まり、被災者からは感謝や喜びの声が溢れました。

 持ち主の鈴木由美さんは「ピアノがこのホールで音を奏でてもらうのが夢だったので嬉しいです」と語っており、Metisは「約1年前に初めて訪れた避難所だったので、町のみなさんと約束を果たせてよかったです。これからもこのような活動を継続をしていきたいと思います」とコメント。翌日の3月24日(土)には、経済産業省主催<こどもコ・フェスタ>という支援イベントでMetisは2ステージ参加し、「人間失格〜生きる事は素晴らしいのです〜」そして「太陽 みんなを照らせ」を披露。被災ピアノとの最後のパフォーマンスとなりました。なお、このピアノは後日、七ヶ浜公民館に寄贈されることが決定しています。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015