ニュース

宮原学が15年ぶりとなるソロ東名阪ツアーを決行!

宮原学   2010/05/24 13:19掲載
はてなブックマークに追加
宮原学が15年ぶりとなるソロ東名阪ツアーを決行!
 昨年3ピース・バンド“KISSAMA”で音楽シーンに復帰したロッカー、宮原学。今年はデビューから25周年の節目の年となり、KISSAMAの合間を縫ってソロ・ライヴも行なっていくとのこと。25周年第2弾企画は、実に15年ぶりの東京・名古屋・大阪の3大都市ツアーを決行! また、ファン人気が高いにも関わらず封印してきた初期のナンバーも久々に披露! そんな期待のツアーをサポートするメンバーが決定しました! メンバーは以下の腕利き4人。田中“ヤッチ”裕千(g / 89年『FLASHBACK』での名共演の再演がここに復活)、柴田俊文(key / 宮原デビューからBABY’S BREATHまでともにした旧知の仲間。現在、山下達郎らをサポート中)、YANZ(b / 元DOVE。93年に宮原をサポート。また昨年、宮原学復帰に際しても、陰ながらサポートしてくれた盟友)、高橋“ロジャー”和久(ds / 元X-RAY忌野清志郎町田康ポルノグラフィティほか、多くのアーティストをサポート)。

 今回のツアーでは、今まで一度もステージで演奏したことのないレパートリーにもチャレンジするとのことなのでファンはお楽しみに!

【宮原学コメント】
これまでの25年、デビューから今現在に至るまでの「宮原学」を凝縮したライヴをやります!僕の中で、若すぎて照れのある曲、今さら演らなくていいか、と思ってしばらく封印していたナンバーも、今だからこそ演ろうと思ってるし、ライヴで一度もやったことのないナンバーにも挑戦しようと考えているところです。ぜひ、会場で一人でも多くの人と会えることを楽しみにしてるので、みんな遊びに来て下さい。待ってるぜー!!!!



<Manabu Miyahara to the 25th Anniversary tour機

●日時:6月11日(金) 
●会場:愛知・名古屋 APOLLO THEATER
●時間:開場19:00 / 開演19:30
●前売り 3,500円 / 当日 3,800円(ともに税込、ドリンク別)
●共演:フリンジ・トライトーン
●チケット:宮原学HP、SMCプラザ、ぴあ[P:104-881]、LAWSON[L:43175]、e+
※問い合わせ:アポロシアター [Tel]052-261-5308 www.diamond-hall.com

●日時:6月12日(土) 
●会場:大阪・LIVE SQUARE 2nd LINE(/w フリンジ・トライトーン)
●時間:開場18:00 / 開演18:30
●前売り 3,500円 / 当日 3,800円(ともに税込、ドリンク別)
●チケット:宮原学HP、LIVE SQUARE 2nd LINE、ぴあ[P:104-585]、LAWSON[L:58047]
※問い合わせ:LIVE SQUARE 2nd LINE [Tel]06-6453-1985 www.arm-live.com/2nd

●日時:6月22日(火) 
●会場:東京・Kouenji ShowBoat(ワンマンLIVE)
●時間:開場19:00 / 開演19:30
●前売り 4,000円 / 当日 4,500円(ともに税込、ドリンク別)チケット:宮原学HP、ShowBoat、LAWSON[L:77222]、e+
※問い合わせ:ShowBoat [Tel]03-3337-5745 www.showboat.co.jp

総合問い合わせ:ショーボート [Tel]03-3337-5745
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015