ニュース

仲道郁代、39年ぶりの「クライスレリアーナ」などを披露するリサイタルを開催

仲道郁代   2021/07/29 16:00掲載
はてなブックマークに追加
仲道郁代、39年ぶりの「クライスレリアーナ」などを披露するリサイタルを開催
 デビュー40周年となる2027年に向け、10年間のシリーズ〈仲道郁代 The Road to 2027プロジェクト〉を実施中のピアニスト仲道郁代が、ピアノ・リサイタル「The Road to 2027 仲道郁代 ピアノ・リサイタル 幻想曲の模様 -心のかけらの万華鏡-」を10月23日(土)に東京文化会館 小ホールで開催します。

 5月30日に東京・サントリーホールで開催され、大きな反響を呼んだ“春のシリーズ”にあたる「幻想曲の系譜-心が求めてやまぬもの-」に続く今回の“秋のシリーズ”では、仲道が1982年の日本音楽コンクール以来、舞台で演奏するのはじつに39年ぶりというシューマンの「クライスレリアーナ」などを披露します。

 そのほかのプログラムは、ブラームスの「2つのラプソディ Op. 79より 第1番」、ショパンの「幻想曲 Op. 49」、スクリャービン「12のエチュード Op. 8より 第1番、第12番」、スクリャービン「幻想曲 Op. 28」。仲道は公演に向けてメッセージを公開しています。

[公演に寄せて]
幻想曲の模様 ― 心のかけらの万華鏡 

― この時私を貫いた感情を、誰がいい表せるだろう!心の奥深い痛みは和らぎ、
愛しい憧憬となって、すべての傷に天の香薬を優しく注いだ。私はすべてを忘れ、
ただ音に耳をひたすら傾けた。この世ならぬところからふり降(くだ)って私を包み、慰めを支えるこの音に ― 。
E.T.A.ホフマン『クライスレリアーナ』より(訳:前田昭雄)

憧れ、希求する心は、壊れたかけらのようにさまざまな様相を持っている。
それらが、幻想という即興的な想いの膨らみとなったとき、それぞれの作曲家へふり降り、心の傷を包み込んだ音とはどのようなものであったのか。
ただただ、音に耳を傾けてみたいと思う。

――仲道郁代

Photo by Kiyotaka Saito

ジャパン・アーツ
www.japanarts.co.jp/concert/p906
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015