ニュース

あの“NOVAうさぎ”がCDに

Our Hour   2003/03/25掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ♪いっぱい聞けて〜、とオンエアがスタートするや、キャラクターと楽曲のキャッチーな魅力がたちまち話題を呼び、ついにはかつての“ムネオハウス(疑惑の建造物ではなく、ムネオ氏の声をサンプリングした音源の呼称のほうです。念のため)”を彷彿とさせる、CM音源をサンプリングした独自のリミックス・ヴァージョンがネット上に流出するほどの人気を集め、着メロにしたいCM曲ランキングでも堂々の1位を獲得した、駅前留学でおなじみの英会話教室“NOVA”のCM曲。

 その人気CM曲が、圧倒的要望に応えてついにCD化。4月23日に“サイトロン・ディスク”より、「NOVAうさぎのうた〜いっぱい聞けて、いっぱいしゃべれる〜」(SCDC-00248\1,680・写真)のタイトルでリリースされる予定です。はたしてCMで聴ける以外の部分はどうなっているのか? も興味津々な楽曲ですが、一度耳にするとどうにも頭から離れなくなる、“HALCALI”の「タンデム」にも負けないリフレインぶりを誇る曲なので、かなり面白い曲になっているのではないかと勝手に期待。CDには、駅前留学なCM曲だけあり、英語詞ヴァージョンも収録されるそう。初回特典として、“腰フリNOVAうさぎPOP”も付けられる予定なので、“NOVAうさぎ”の単純にカワイイとだけでは片付けられない魅力のトリコとなってしまっている人は、予約して入手するのが賢明かと。単なる企画CDと侮るなかれ、ですよ。

 なお、NOVAのHP内には“NOVAうさぎ”専用ページも用意されており、そちらで誕生秘話などを見ることができますよ。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015