ニュース

欧陽菲菲「ラヴ・イズ・オーヴァー」、Jeff Miyaharaリアレンジ音源が配信限定で登場!

欧陽菲菲   2010/09/28 13:32掲載
はてなブックマークに追加
欧陽菲菲「ラヴ・イズ・オーヴァー」、Jeff Miyaharaリアレンジ音源が配信限定で登場!
 1979年7月にシングル「うわさのディスコ・クィーン」B面曲として発表されながら、なんと4年の歳月を掛けて1983年にヒット・チャートへ! パッケージでの大ヒットはもちろん、2006年から販売されたデジタル配信でも累計30万ダウンロード超えを記録、さらには、水商売で活躍する華麗なる“夜の蝶”の皆様270名(取材地:銀座、六本木、渋谷、上野、横浜、津田沼)に訊いた「失恋なんてブっとばせ!“あなたの泣きウタ”鉄板曲」調べでは、“新宿2丁目”部門でのランキング1位に輝くなど(ちなみに、ホスト部門:第1位「EXILE / ただ逢いたくて」、キャバクラ嬢部門:倖田來未「Moon Crying」)、時代を超えて歌い継がれる名曲、欧陽菲菲(FEI FEI)「ラヴ・イズ・オーヴァー」。

 このたび、欧陽菲菲の日本デビュー40周年イヤーを飾るべく、JUJU with JAY'ED「明日がくるなら」を手掛けたことでも知られるJeff Miyaharaがリアレンジを手がけた新たなるヴァージョン「ラヴ・イズ・オーヴァー -Jeff Miyahara Rearrange -」が9月29日よりレコチョクで先行配信(ほかサイトは10月6日より)!

 オリジナルに優るとも劣らない、セツナく、泣ける、心に染みる響きとなって帰ってきた「ラヴ・イズ・オーヴァー」。さらに10月19日までは着うた(R)“(イントロ)ヴァージョン”が50円(税抜)という驚きの価格で配信されるとか! ぜひぜひ注目を。
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015