ニュース

ポール・マッカートニー、東京公演をスタート

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)   2013/11/19掲載(Last Update:13/12/17 15:15)
はてなブックマークに追加
 11月18日(月)、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の東京公演がスタート! 会場となった東京ドームには約5万人のファンが集結しました。

 ポールはベース・ギターを抱えて午後7:10にステージに登場。ビートルズ時代の楽曲「エイト・デイズ・ア・ウィーク」でステージはスタート。自身のニュー・アルバム『NEW』からの「セイヴ・アス」の後には日本語で「コンバンワトーキョー。タダイマ」と挨拶。ビートルズ「オール・マイ・ラヴィング」を演奏すると、「サンキューサンキューアリガトウ。コンバンモ ニホンゴヲ ガンバリマス デモ エイゴノホウガ トクイデス」と笑わせる一幕も!

 ライヴの中盤では、『NEW』から「NEW」と「クイーニー・アイ」を立て続けに披露し、「ニュー・アルバムを日本(のチャート)でナンバーワンにしてくれてありがとう」とファンへ感謝を伝える。ビートルズのナンバーは「ロング・アンド・ワインディング・ロード」「ブラックバード」「レット・イット・ビー」など、ウイングス時代の楽曲では「あの娘におせっかい」「バンド・オン・ザ・ラン」「007死ぬのは奴らだ」などを披露。トークではジョン・レノンジョージ・ハリスンリンダ・マッカートニージミ・ヘンドリックスなどにも触れ、会場を沸かせました!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015