ニュース

さくら学院、放課後さくらの下に集合!

さくら学院   2011/02/14 16:24掲載
はてなブックマークに追加
さくら学院、放課後さくらの下に集合!
 昨年12月にデビューを果たした成長期限定ユニット、さくら学院の今年第1弾となるライヴ・イベント<Happy Valentine♪ 〜放課後さくらの下に集合!!〜>が2月12日(土)に原宿アストロホールで行なわれました!

 各メディアでも話題のさくら学院、今年最初のイベントとあって、会場には多くのファンが駆けつけました。オープニング・ナンバーを飾ったのは「♪ハロー・アイビ?!」のタイトル・コールで始まる軽快なロック・ナンバー「Hello ! IVY」。恒例となった、さくら学院フラッグで会場は埋め尽くされ、一気に会場はヒートアップ。生徒会長の武藤彩未の「みなさーん!一緒にもりあがっていきましょうねっ!!」の一言で、会場がさらに熱気につつまれる中「School days」へ突入!

 MCでは佐藤日向のものまね披露にはじまり、楽屋裏でのエピソードなどを盛り込んだメンバーの自己紹介に続いて、Twinklestars(バトン部)の「Dear Mr.Socrates」、ミニパティ(クッキング部)による「ハッピーバースデー」と、さくら学院ならではの部活動ユニットを披露。

 ライヴ中盤では、「バレンタインの思い出トーク」で盛り上がると、カヴァー曲として生徒会長 with 小等部による「バレンタイン・キッス」、中等部はKARA「Mister」と、キュートなダンスを披露し、一気にバレンタインの甘い空気が会場をつつみこむ。

 そして、さらにスペシャル・プレゼントとして、さくら学院の未発表曲「FLY AWAY」がこの日初披露! この曲は、ハードなギター・サウンドに、昨年行なった初の単独イベントを終えた直後のメンバーの大切な気持ちが詰まったナンバーで、会場のボルテージは最高潮に。ライヴ終演後よりバレンタイン期間限定ヴァージョンとしてレコチョク限定配信もスタートしており、ファンには思いがけないプレゼントとなったのでは。

 本編を締めくくるナンバーは、3月23日発売の1stアルバム『さくら学院 2010 年度 〜message〜』に収録される「message」。ファンとの大合唱でファースト・セットはフィナーレ。

 2ステージ構成となった今回のイベント、セカンド・セットでは、前半部でSleepies(帰宅部)「めだかの兄妹」、BABYMETAL(重音部)「ドキドキ☆モーニング」、も登場、大成功のうちに幕を下ろしました。

 アンコールでは、さくら学院・生徒会長の武藤彩未から、「4月3日(日)2011年第2弾 ライヴ・イベント開催!!」が発表。2011年4月から、現・小等部の堀内まり菜、飯田來麗、杉寧々、佐藤日向が中等部に進級し、さくら学院の構成メンバーは、中等部が武藤彩未、三吉彩花、松井愛莉、中元すず香、堀内まり菜、飯田來麗、杉寧々、佐藤日向の8名、小等部が菊地最愛、水野由結の2名に。小等部が2名となったということは……? 新たな動きを予感させるさくら学院、イベントの詳細は近日、オフィシャル・サイト(http://www.sakuragakuin.jp/)にて発表予定とのことですので、ぜひチェックを。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015