ニュース

佐野元春、40周年フィルムフェスティバル第5弾アンプラグド・ライヴ〈地下室からの接続〉配信

佐野元春   2020/11/11 14:40掲載
はてなブックマークに追加
佐野元春、40周年フィルムフェスティバル第5弾アンプラグド・ライヴ〈地下室からの接続〉配信
 佐野元春が提唱して発足した、音楽制作者支援を目的としたオンライン・イベント〈SAVE IT FOR A SUNNY DAY〉。その一環として上映されている〈佐野元春40周年記念フィルム・フェスティバル〉シリーズの第5回目が、11月18日(水)に上映されます。

 上映タイトルは、佐野元春&THE HOBO KING BAND 1998アンプラグド・ライヴ〈地下室からの接続〉。当時、インターネットと衛星放送による中継のみで配信されたこのライヴは、ソニーミュージックと佐野元春の合同企画として実現。国内初の有料インターネット・ライヴとして、その先駆的な試みが大きく注目されました。当日は残念ながら接続の状況が悪く、視聴に不都合が生じましたが、その後の確実な配信方法の確立に向けて貢献した功績は大きいとされています。

 収録は今から22年前となる1998年8月30日、場所は、東京・ソミドホール。井上富雄(ウッドベース)、Dr.kyOn(g,アコーディオン)、里村美和(パーカッション)、佐橋佳幸(g)、そして佐野元春(vo,g)という、アンプラグドなバンド編成でのライヴで、ステージを中心にその周りをプレス関係者が囲むというクローズドな雰囲気の中で行なわれました。演奏曲は、アルバム『THE BARN』からのレパートリーを中心に進み、「ヤング・フォーエバー」「風の手のひらの上」「マナサス」など、様々なアコースティック楽器を駆使したジャム・セッションとなりました。

 アンプラグド・ライヴ〈地下室からの接続〉は、その内容から1991年に行なわれたTHE HEARTLANDによる同様のアンプラグド・セッション〈Goodbye Cruel World(さようなら残酷な世界)〉と双璧をなす名演とされています。当時はまだ実験的かつクローズドとされていたライヴですが、このたび完全な形での公開が実現することになります。なお、監督は鶴岡雅浩が担当しています。

 本配信は、ライヴ番組の感覚で届ける1回限りのストリーミング特番。ライヴ・コンサートと同じような体験を視聴者とシェアします。当日は佐野本人も視聴者のひとりとして参加、ファンとのチャットが予定されています。また、当日はセレクトショップ・ブランドBEAMS とのコラボレーションによる、オリジナル・ウェア / グッズも併売。上映と合わせてその収益は、佐野が提唱する「SAVE IT FOR A SUNNY DAY」を通じて、コロナ禍で困窮する音楽制作者支援の基金として役立てられます。

佐野元春40周年記念フィルムフェスティバルvol.5、佐野元春 & THE HOBO KING BAND 1998 アンプラグド・ライヴ〈地下室からの接続〉
2020年11月18日(水)
開場20:30 / 開始 21:00(1回のみ配信 アーカイブ配信無し)
上映時間: 60min.
料金: 配信チケット 2,000円 / 寄付 + 配信チケット 3,000円
チケット発売日時: 2020年11月11日(水)12:00〜11月18日(水)
19:00
stagecrowd.live

佐野元春40周年記念フィルムフェスティバル
ms40th.moto.co.jp/Save-it-for-a-Sunny-Day/film-festival

オンライン・イベント〈SAVE IT FOR A SUNNY DAY〉
ms40th.moto.co.jp/Save-it-for-a-Sunny-Day

佐野元春xBEAMS コラボ・オリジナル限定グッズ販売HP
ms40th.moto.co.jp/Save-it-for-a-Sunny-Day/merchandise
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』[特集] 半美子、今こそ“心のふるさと”に帰ろう、半美子初のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015