ニュース

【劇場鑑賞券プレゼント】 出演映画『アマルフィ』主題歌収録! サラ・ブライトマンのラヴ・ソング・ベスト

サラ・ブライトマン   2009/06/30 14:40掲載
はてなブックマークに追加
 「オペラ座の怪人」ほか、数々の大ヒット・ミュージカルでの主役を経て、ソロ・アーティストとしてデビュー。名曲「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」が全世界で1,500万枚以上のベストセラーを記録、その後立て続けにアルバムが大ヒット。“クラシカル・クロスオーヴァー”という音楽の新ジャンルを開拓したソプラノ・ディーヴァ、サラ・ブライトマン(Sarah Brightman)

 そんな彼女の初となるラヴ・ソング・ベスト『アマルフィ〜サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス〜』が7月8日、発売されます。この作品は、全世界で2,600万枚を超えるアルバム・セールスを誇るサラの数々の名曲のなかから選び抜かれた、とりわけ美しくロマンティックな愛の歌ばかりを全19曲収録。

 ダンス・ビートを組み合わせた大ヒット曲「クエスチョン・オブ・オナー」の元となったアリア「さようなら、ふるさとの家よ 〜歌劇『ワリー』第一幕より」や、マスカーニの名曲「カヴァレリア・ルスティカーナ」に新たに歌詞をつけて歌曲とした「アテッサ」、そして彼女の代表曲の一つ「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」などが収められています。

 この「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」、なんと7月18日公開の映画『アマルフィ 女神の報酬』の主題歌として起用されることが決定。さらにこの映画には、サラ・ブライトマンがサラ本人役として出演をしています。これがサラにとって日本映画初出演とのこと。彼女の出演シーンはイタリア・ローマにある世界遺産カゼルタ宮殿で2009年1月に撮影。300人近くのエキストラ、約60名のオーケストラを呼び込んでの大規模な撮影でしたが、さすが世界の歌姫、撮影は実にスムースに行なわれたとこのことです。


 7月8日発売のラヴ・ソング・ベスト『アマルフィ〜サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス〜』とともにサラ・ファン大注目の映画『アマルフィ 女神の報酬』。その劇場鑑賞券を、CDJournal.com読者2組4名様にプレゼントします。詳しくはプレゼント・ページをご覧ください。


●7月8日発売
サラ・ブライトマン『アマルフィ〜サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス〜』
(TOCP-70770 税込2,500円)

01.タイム・トゥ・セイ・グッバイ(ソロ・ヴァージョン)
02.歌劇「ワリー」第一幕〜さようなら、ふるさとの家よ
03.イル・ミオ・クォーレ・ヴァ(「タイタニック」〜マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン イタリア語ヴァージョン)
04.歌劇「ジャンニ・スキッキ」〜私のお父さん
05.エニィタイム・エニィウェア
06.アテッサ
07.私を泣かせてください
08.ネッラ・ファンタジア
09.ラ・ルーナ
10.ソロ・コン・テ
11.アヴェ・マリア(シューベルト)
12.アンティル・ジ・エンド・オブ・タイム
13.愛の物語
14.主よ、人の望みの喜びよ(J.S.バッハ)
15.ラ・カリッファ
16.セレナーデ
17.ここは素晴らしい場所
18.アメイジング・グレイス
19.ネッスン・ドルマ(誰も寝てはならぬ)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015