ニュース

Shake My Days、新曲が特番『ながさきシン・修学旅行〜仰天!よかとこ!うまかもん!〜』ED曲に決定

Shake My Days   2022/09/22 17:44掲載
はてなブックマークに追加
 京都の現役高校生、光希(みつき)がヴォーカルを務めるShake My Daysの新曲「夕暮れにサイダー」が、テレビ朝日系列九州5局ブロックネット特番『ながさきシン・修学旅行〜仰天!よかとこ!うまかもん!〜』のエンディング曲に決定。「夕暮れにサイダー」は、現在デジタル配信中(10月5日[水]に全国CDリリース)の、Shake My Dayの1stアルバム『アイソスタシー』に収録されています。

 Shake My Daysは、現役女子高生の光希(vo)とプロデューサー・冴沢鐘己(g)の2人組ユニット。光希の、初々しい歌声でチャンスを掴み、2021年12月デビュー。ファンからは「耳に残る“切な系”の歌声」と評されています。すでに地元京都では定期的にミニ・ライヴを重ね、テレビやラジオにも出演。デビュー・シングルも静岡放送の朝の番組のタイアップ曲となりました。

 ヴォーカルの光希は「長崎は修学旅行で行ったばかりの思い出の場所です。関西以外でのライブも少しずつ増えているので、1日も早く九州でもライブができるようにがんばります。『夕暮れにサイダー』はアルバムの中でも一番のお気に入りで、ライブでも最後に歌う盛り上がる曲なので、ぜひ覚えてください」とコメント。

 プロデューサーで、Shake My Daysのギターでもある冴沢は「修学旅行と言えば大事な青春の思い出のひとつで、僕たちの楽曲のテーマも『青春』です。幅広い年齢層の皆さんの心に刺さる曲を心がけていますので、番組のエンディングとして盛り上げつつ、たくさんの人の心に残れば幸いです」と語っています。

 今年はこのアルバムの発売に合わせ、初の東京遠征や三重県でのイベント出演が決定しています。

『ながさきシン・修学旅行〜仰天!よかとこ!うまかもん!〜』
2022年9月23日(金・祝)15:50〜

PALMTONE POP GIG 2022 in TOKYO
2022年9月30日(金)19:00開演
東京 渋谷クラブマルコム
t.livepocket.jp/e/ppg22tokyo

わくわくシティーパーク in 伊賀
2022年10月1日(土)14:30〜
三重 阿山ふるさとの森 野外ステージ
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝!
[インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム
[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015