ニュース

柴田淳、ジャズ界の巨匠・山下洋輔と共演

柴田淳   2009/11/06 15:04掲載
はてなブックマークに追加
 11月4日リリースのニュー・アルバム『ゴーストライター』(写真)がアルバム・デイリーチャート初登場7位を記録した柴田淳。そんな彼女が、11月2日、東京SHIBUYA-AXにて〈JAZZ NIGHT with TOKYO FM〉に参加。ジャズ界の巨匠であり世界に活動の場を広げるピアニストの山下洋輔と初の共演を果たしました。

 “世代もジャンルも超えた音楽の新しい出会いがここSIBUYA-AXで生まれる!”というコンセプトをもとに実施されたこのイベント。透明感ある歌声でファンを魅了する柴田淳が織り成す歌の世界。山下洋輔がTHE BIG BANDと繰り広げるスリリングなJAZZ。この異色な2アーティストの融合が最大の見どころとなりました。

 第1部では柴田淳、第2部では山下洋輔 with THE BIG BANDが登場しそれぞれのステージを披露。新進ジャズ・ピアニスト、挾間美帆を中心にしたバンドをバックにした柴田淳は、ニュー・アルバムの先行シングル「Love Letter」からしっとりとスタート。さらにアルバムから「蝶」や「ため息」などの新曲と、代表曲を交えた全5曲を披露。いつにも増した大人の雰囲気のなかで、柴田淳の透き通る歌声が響き渡り、満員の会場を魅了しました。

 THE BIG BANDを従えた山下洋輔は、デューク・エリントンの「スウィングしなけりゃ意味がない」や「カンゾー先生メイン・テーマ」などを披露。ピアノを叩きつけるようにかき鳴らす独特の演奏で、一瞬にしてその場を強烈なグルーヴ感の渦に巻き込み、観客を圧倒しました。

 アンコールでは、いよいよ山下洋輔と柴田淳の共演が実現。山下のピアノだけをバックに柴田の曲「かなわない」をしっとりと聴かせ、最後はBIG BANDも加わり、同じく柴田の曲「メロディ」でスウィング。大盛り上がりで一夜限りのスペシャル・ライヴが終了しました。


※11月4日発売
柴田淳『ゴーストライター』
(VICL-63407 税込3,045円)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝!
[インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム
[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』
[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015