ニュース

伝説の和製プログレ・バンド、新月の1stが紙ジャケで再登場

新月   2007/02/15掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 日本のプログレッシヴ・ロック史において、伝説とされる新月のデビュー・アルバム『新月』(写真)が紙ジャケット化されることになりました。発売はMARQUEE/BELLE ANTIQUEより3月25日の予定です。

 この『新月』は、1979年に発表されたバンドにとって唯一のオリジナル・アルバム。名曲「鬼」をはじめ、非常に完成度の高いシンフォニック・ロックが楽しめる傑作です。すでにCD化はされていましたが、現在では2005年に発売されたボックス・セット『新●月●全●史』でのみ入手可能という状態。久々に単独作品として流通することになります。

 今回の紙ジャケは、通常盤(BELLE-071236 税込\3,056)とスペシャル限定盤(BELLE-071235 税込\3,500)の2種類で登場し、その限定盤には未発表写真満載のカラーブックレットを付属。また、輸入盤に帯・ライナーを付けての販売が多いBELLE ANTIQUEですが、今回は国内プレスとなっています。未入手のプログレ・マニアはこの機会をお見逃しなく。なお、ボーナス・トラックなどの追加は予定されていません。


●『新月』収録曲
01. 鬼
02. 朝の向こう側
03. 発熱の街角
04. 雨上がりの昼下がり
05. 白唇
06. 魔笛“冷凍”
07. 科学の夜
08. せめて今宵は
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015