ニュース

スフィアン・スティーヴンス、バレエ・ダンサーのために制作したクラシック・アルバムを発表

スフィアン・スティーヴンス   2019/10/21 14:23掲載
はてなブックマークに追加
スフィアン・スティーヴンス、バレエ・ダンサーのために制作したクラシック・アルバムを発表
 米ミシガン州出身のシンガー・ソングライター、スフィアン・スティーヴンス(Sufjan Stevens)が、これまでもたびたびコラボレーションしてきたバレエ・ダンサー / 振付師 / ディレクター、ジャスティン・ペックの公演のために制作した音楽を収録するクラシック・アルバム『ザ・デカローグ』(CD AKR135JCD 2,200円 + 税)を12月6日(金)に発表します。

 ペックは2014年からニューヨーク・シティ・バレエのレジデント・コレオグラファーとして活躍しており、『ザ・デカローグ』は、スティーヴンスとペックとニューヨーク・シティ・バレエとの3度目のコラボレーション作品として、2017年5月に上演されました。“モーセの十戒”を意味するタイトルを冠したこの作品のためにスティーヴンスが用意したのは、曲名に1から10までの数字が付けられた10曲。これをニューヨーク在住のピアニスト / 作曲家、ティモ・アンドレスがピアノで演奏しています。アルバムはスティーヴンスがプロデューサーを務め、おもにクラシックやジャズの作品で使用されるニューヨークのスタジオ、Oktaven audiOで同スタジオのエンジニア、Ryan Streberにより録音されました。

 スティーヴンスとペックとニューヨーク・シティ・バレエは、2019年1月にプレミア公演が行なわれた『Principia』でふたたびコラボレーションを行なっています。

BIG NOTHING
bignothing.net
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015