ニュース

ガムラン奏者・川村亘平率いるTAIKUH JIKANG、1stアルバムをリリース!

TAIKUH JIKANG   2011/06/15掲載(Last Update:13/03/19 14:32)
はてなブックマークに追加
 朝崎郁恵UA原田郁子一十三十一、U-Zhaanほか数多くのアーティストとの共演や、SUARA SANA、ウロツテノヤ子といったグループでも活躍するガムラン奏者・川村亘平。彼が率いるソロ・ユニット、TAIKUH JIKANGが初のフル・アルバム『滞空時間』(NESIA-001 税込1,800円)をリリース! 6月26日発売。

 日本ガムラン界の第一人者・濱元智行をはじめ、Go Arai(Vn)、サウンド・アーティストさとうじゅんこ(voice)や、OOIOOよりパーカッショニストOLAibi、AYA(b)の2人と多彩なゲスト陣が参加、ガムランでも参加している辻 圭介による録音の下制作された本作。ガムランから連想される土着感を保ちつつ、アーバンと呼んで差し支えないであろうモダンなテイストも纏う様はまさに無国籍! 時間すらも超越した新たな民族音楽作品となっています。神奈川・大磯の浜辺や、東京・善福寺公園などでフィールド・レコーディングされたプリミティヴでもっこりした音像が、各楽器の旨みを存分に引き出しているのも大きな魅力。ワールド・ミュージック / ガムラン・ファンはもちろん、ASA-CHANG & 巡礼からLATIN PLAYBOYS(ラテン・プレイボーイズ)などのファンまで楽しめるであろうハイブリッド極上作です!

TAIKUH JIKANG
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴動祭』[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
[インタビュー] chelmicoのマイペースな“無敵感”が詰まったメジャー・デビュー・アルバム『POWER』[インタビュー] “いつ聴いてもハッピーになれる曲”を目指して 京都在住シンガー・ソングライター、竹内アンナのデビュー作『at ONE』
[インタビュー] 熟成とフレッシュネス BTB改め“BTB特効”初のオリジナル・アルバム『SWEET MACHINE』[インタビュー] 南 佳孝が語る、ショーボート・レーベル第1弾作品『摩天楼のヒロイン』
[インタビュー] 素晴らしい演奏家のみなさんと出会い、サントラを作れたのは本当に幸せ――作曲家、富貴晴美が語る『西郷どん』の音楽[インタビュー] 絶望を掻き消す――“今やりたいこと”を追求してきたLM.Cが導き出す未来とは
[インタビュー] 楽器と理解し合って音楽を作っていく――東儀秀樹、“篳篥で歌う”映画音楽集をリリース[インタビュー] 自分なりの“B面的世界” 大西ユカリによるソウル・カヴァー作『BLACK BOX』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015