ニュース

ガムラン奏者・川村亘平率いるTAIKUH JIKANG、1stアルバムをリリース!

TAIKUH JIKANG   2011/06/15掲載(Last Update:13/03/19 14:32)
はてなブックマークに追加
 朝崎郁恵UA原田郁子一十三十一、U-Zhaanほか数多くのアーティストとの共演や、SUARA SANA、ウロツテノヤ子といったグループでも活躍するガムラン奏者・川村亘平。彼が率いるソロ・ユニット、TAIKUH JIKANGが初のフル・アルバム『滞空時間』(NESIA-001 税込1,800円)をリリース! 6月26日発売。

 日本ガムラン界の第一人者・濱元智行をはじめ、Go Arai(Vn)、サウンド・アーティストさとうじゅんこ(voice)や、OOIOOよりパーカッショニストOLAibi、AYA(b)の2人と多彩なゲスト陣が参加、ガムランでも参加している辻 圭介による録音の下制作された本作。ガムランから連想される土着感を保ちつつ、アーバンと呼んで差し支えないであろうモダンなテイストも纏う様はまさに無国籍! 時間すらも超越した新たな民族音楽作品となっています。神奈川・大磯の浜辺や、東京・善福寺公園などでフィールド・レコーディングされたプリミティヴでもっこりした音像が、各楽器の旨みを存分に引き出しているのも大きな魅力。ワールド・ミュージック / ガムラン・ファンはもちろん、ASA-CHANG & 巡礼からLATIN PLAYBOYS(ラテン・プレイボーイズ)などのファンまで楽しめるであろうハイブリッド極上作です!

TAIKUH JIKANG
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015