ニュース

ガムラン奏者・川村亘平率いるTAIKUH JIKANG、1stアルバムをリリース!

TAIKUH JIKANG   2011/06/15掲載(Last Update:13/03/19 14:32)
はてなブックマークに追加
 朝崎郁恵UA原田郁子一十三十一、U-Zhaanほか数多くのアーティストとの共演や、SUARA SANA、ウロツテノヤ子といったグループでも活躍するガムラン奏者・川村亘平。彼が率いるソロ・ユニット、TAIKUH JIKANGが初のフル・アルバム『滞空時間』(NESIA-001 税込1,800円)をリリース! 6月26日発売。

 日本ガムラン界の第一人者・濱元智行をはじめ、Go Arai(Vn)、サウンド・アーティストさとうじゅんこ(voice)や、OOIOOよりパーカッショニストOLAibi、AYA(b)の2人と多彩なゲスト陣が参加、ガムランでも参加している辻 圭介による録音の下制作された本作。ガムランから連想される土着感を保ちつつ、アーバンと呼んで差し支えないであろうモダンなテイストも纏う様はまさに無国籍! 時間すらも超越した新たな民族音楽作品となっています。神奈川・大磯の浜辺や、東京・善福寺公園などでフィールド・レコーディングされたプリミティヴでもっこりした音像が、各楽器の旨みを存分に引き出しているのも大きな魅力。ワールド・ミュージック / ガムラン・ファンはもちろん、ASA-CHANG & 巡礼からLATIN PLAYBOYS(ラテン・プレイボーイズ)などのファンまで楽しめるであろうハイブリッド極上作です!

TAIKUH JIKANG
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは
[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015