ニュース

映画「哀愁しんでれら」、土屋太鳳演じる主人公の“王子様”役に田中 圭が決定

田中圭   2020/07/14 12:54掲載
はてなブックマークに追加
映画「哀愁しんでれら」、土屋太鳳演じる主人公の“王子様”役に田中 圭が決定
 2021年早春に公開される、土屋太鳳主演×新鋭監督・渡部亮平×完全オリジナル脚本の映画「哀愁しんでれら」の追加メインキャストに田中 圭が決定。あわせて、場面写真と田中のコメントが公開されています。

 本作は、一晩で怒涛の不幸に遭遇、全てを失ってしまった平凡な女性の小春が、8歳の娘を男手ひとつで育てる、優しく、裕福で、王子様のような開業医と出会い、不幸のどん底から一気に幸せの頂点へ駆け上がるも、ある日前代未聞の凶悪事件を起こしてしまうという禁断の“裏”おとぎ話サスペンス。小春役には、数々の映画で主演を務めてきた土屋太鳳が抜擢され、天真爛漫なイメージの強い土屋が、次第に狂い出す運命に身を投じるシンデレラをどう演じるのか注目されています。

 このたび発表された田中 圭が演じるのは、小春が運命的な出会いを果たす開業医・泉澤大悟役。主演の土屋との映画共演は実に3度目という田中が、若くして成功しているイケメン開業医であり、度重なる不幸にあった主人公・小春に救いの手を差し伸べるという役どころを演じます。

 土屋は「大悟さんは田中 圭さん。と聞いた瞬間、心の中で急に何かがすごく納得して、パズルのピースが合ったような感覚になりました。『圭さんが演じる大悟さんに小春として出会いたい』と感じたのと『やります』と答えたのが、同時でした」と監督から4度目のオファーで出演を承諾した理由のひとつが田中の出演だったとコメント。土屋が役者として厚い信頼を置く田中の演技に期待が高まります。

 キャストの発表とあわせて公開となった場面写真には、結婚式を迎え、大勢の人に祝福された幸せそうな小春と大悟の姿が映っています。人生を諦めかけていた小春の前に現れた救世主、大悟はまさに白馬に乗った王子様。しかし彼には小春にはまだ知られていない裏の一面が……。大悟は白馬の王子様なのか、それとも、小春を狂気へと蝕んでいく毒男なのか。運命の相手と結ばれたシンデレラのその後を描く、まだ誰も見たことのない“裏”おとぎ話の超重要人物、大悟に注目です。

[コメント]
人は常に何かの選択をしていて、その時には決して間違った選択ではないはずなのに、その選択が少しずつ本人を蝕んでいってしまうストーリーがゾッとする程おもしろく、恐ろしく、他人事ではないかもしれない世界に飛び込んでみたいと脚本を読んで思いました。そして、何よりも土屋太鳳さんという女優がこの作品に挑戦する事にとんでもなくワクワクしました!近くで見てみたいと思い、お話を受けさせていただきました。久々の共演になる土屋太鳳さんは相変わらず天使のようでした。彼女の独特の感覚は本当に毎度唸るほどに面白く、刺激的な毎日でした。しかし、当然小春は土屋太鳳さんではなく。彼女が毎日必死に生きた小春を是非楽しみにしていてください!小春の選択はどこで狂ったのか。皆さんに責められますか?劇場でお待ちしております!
――田中 圭(泉澤大悟役)

拡大表示

©️2021 「哀愁しんでれら」製作委員会

「哀愁しんでれら」
2021年早春公開
aishu-cinderella.com
配給: クロックワークス
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015