ニュース

ザ・ディフェイスド、14年振りの4thニュー・アルバム『シャーラタンズ』リリース

ザ・ディフェイスド   2022/01/11 12:33掲載
はてなブックマークに追加
ザ・ディフェイスド、14年振りの4thニュー・アルバム『シャーラタンズ』リリース
 ダーケインのクラス・イーデバリが築き上げ、メロディック・メタルの進化を見せてきたスウェーデン出身、ザ・ディフェイスド(THE DEFACED)が長年の沈黙を破り、14年振りとなる4thニュー・アルバム『Charlatans』を完成、3月23日(水)にリリースします。

 ヴォーカルに特化したプロデューサーにはビョーン・ストリッドが参加(ソイルワークナイト・フライト・オーケストラ)。硬派なメタル・サウンドに引き込まれてしまうストロングなニュー・アルバムは、各段にレベルアップしたサウンドが楽しめます。またこれまでのサウンドを網羅しながらも、プログレッシヴ・タッチのフィーリングが追加されました。

 1999年、ソイルワークのヘンリー・ランタ(ds)、ダーケインのクラス・イーデバリ(g)、ヨーゲン・ルーフバリー(b)らによって結成。名のある彼らの存在が大きな注目を浴びる中、『ドミネイション・コメンス』でデビュー。ソリッドな重厚リフ、野獣系スクリームとクリーン・パートを器用に使い分けるヴォーカルを武器に攻め込んでくる彼らはソイルワークに近いスタイルを魅力的に放ち、多くの支持を得ました。

 その後、2枚のアルバムをリリースするもバンドは沈黙……。2019年、2010年にダーケインを脱退してから音楽に関与していなかったシンガーのイェンスへギターのマティアスがアプローチしたところから全てが動き出します。「とにかくイェンスに曲を聴いてもらい、THE DEFACEDを再スタートさせたかった」(マティアス談)。楽曲を気に入ったイェンスは活動再開を承諾。楽曲制作へと進行していきます。ギターのクラスもその野心に共鳴し、新ドラマーとしてボブ・ルーベンを迎えます。

 演奏はMansardaスタジオで録音、ヴォーカルはソイルワークのビョーン・ストリッドのプロデュースのもと、スタジオBjorngrottaで収録されました。完成したアルバムには他のアーティストと同様、パンデミックからインスパイされた部分が多く含まれ、その創造性は一時停止せざるを得ない不本意なストレスからもたされました。人間関係との闘い、自己不信、欲求不満、全てを変えるには手遅れだという気持ちを封じ込めたとのこと。これぞ、屈強なメロディック・メタル。これぞ、紛れもないザ・ディフェイスドです。

Bickee Music HP
www.bickee-music.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
[インタビュー] シバノソウ、少し大人になった彼女の「これから」を表明した新作EP[インタビュー] 広瀬咲楽、ナチュラルな歌声が魅力のSSW、真骨頂である春曲を集めたアルバム
[インタビュー] 橋本一子×藤本敦夫、スペシャル・ライヴ直前、マルチ・アーティスト対談[特集] 井上芳雄、デビュー20周年、スペシャルライヴを収めた豪華DVD + CD発売
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015