ニュース

ザ・ストゥージズ × ジム・ジャームッシュの映画『ギミー・デンジャー』のBlu-ray / DVDの発売が決定

ザ・ストゥージズ(The Stooges)   2018/02/08 13:35掲載
はてなブックマークに追加
ザ・ストゥージズ × ジム・ジャームッシュの映画『ギミー・デンジャー』のBlu-ray / DVDの発売が決定
 イギー・ポップ直々のオファーでジム・ジャームッシュが制作したザ・ストゥージズのドキュメンタリー映画『ギミー・デンジャー』が、Blu-ray(KIXF-547 4,800円 + 税)とDVD(KIBF-1570 3,800円 + 税)で3月28日(水)に発売。映像特典として約17分に及ぶライヴ映像やイギー・ポップの奇声などが収められるほか、日本語字幕に加えて英語字幕も併録。Blu-rayはオリジナルの5.1ch音声を非圧縮のリニアPCM、かつ通常の映画作品より収録レベルを上げた“爆音状態”で収録しています。

 ザ・ストゥージズは1967年のミシガン州でイギー・ポップ、ロンとスコットのアシュトン兄弟、デイヴ・アレクサンダーによって結成。プリミティヴかつ攻撃的なバンド・サウンド、サイケやフリー・ジャズなど様々な要素を取り入れた実験性とミニマルな音作りの融合、フロントマンの過激なステージングでそれまでのロックの概念を破壊する唯一無二のスタイルを生み出し、MC5と共にデトロイトのロック・シーンを牽引したものの、各種問題を孕んだバンドは74年に自然消滅。評論家からも“下品で退廃的”と叩かれて正当な評価を得ることはなく、世に残したアルバムはわずか3枚。しかし、ラモーンズダムドニルヴァーナレッド・ホット・チリ・ペッパーズホワイト・ストライプスといった後進がストゥージズからの影響を公言したことでパンク、オルタナティヴ・ロックの原点として再評価され、2010年にはロックの殿堂入りを果たしています。

 ジャームッシュは本作において、メンバーと本当に近しい関係者にのみ取材をする方法を選択。イギー・ポップを軸に、当事者たちが語るストゥージズの華々しくも混乱に満ちた歴史をまとめています。8年の歳月をかけた制作期間中、ロン・アシュトンスコット・アシュトン、スティーヴ・マッケイが相次いで逝去。その証言は映画の中に永遠に刻まれています。



■2018年3月28日(水)発売
『ギミー・デンジャー』
Blu-ray KIXF-547 4,800円 + 税
DVD KIBF-1570 3,800円 + 税
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
[インタビュー] chelmicoのマイペースな“無敵感”が詰まったメジャー・デビュー・アルバム『POWER』[インタビュー] “いつ聴いてもハッピーになれる曲”を目指して 京都在住シンガー・ソングライター、竹内アンナのデビュー作『at ONE』
[インタビュー] 南 佳孝が語る、ショーボート・レーベル第1弾作品『摩天楼のヒロイン』[インタビュー] 熟成とフレッシュネス BTB改め“BTB特効”初のオリジナル・アルバム『SWEET MACHINE』
[インタビュー] 素晴らしい演奏家のみなさんと出会い、サントラを作れたのは本当に幸せ――作曲家、富貴晴美が語る『西郷どん』の音楽[インタビュー] 絶望を掻き消す――“今やりたいこと”を追求してきたLM.Cが導き出す未来とは
[インタビュー] 楽器と理解し合って音楽を作っていく――東儀秀樹、“篳篥で歌う”映画音楽集をリリース[インタビュー] 自分なりの“B面的世界” 大西ユカリによるソウル・カヴァー作『BLACK BOX』
[インタビュー] 私が全て入ってるもの――声優・尾崎由香、ソロ・デビュー・シングル「LET[インタビュー] 何かの拍子に全米が泣いてくれたらいいなって(笑)――Calmが活動21年目の新作『by Your Side』をリリース
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015