ニュース

スロッビング・グリッスルの貴重なポスターなどを展示〈DISCIPLINE〉開催

スロッビング・グリッスル   2019/08/20 13:23掲載
はてなブックマークに追加
スロッビング・グリッスルの貴重なポスターなどを展示〈DISCIPLINE〉開催
 1970年代後半のイギリスで誕生し、音楽シーンに多大な影響を与えたインダストリアル・ミュージック。それを定義したのは、1975年にイギリスで結成されたバンド、スロッビング・グリッスル(Throbbing Gristle)のデビュー・アルバムに記載された“Industrial music for industrial people(工業労働者のための工業労働的音楽)”というスローガンでした。そのスロッビング・グリッスルのヴィンテージ・ポスターやフライヤー、ステッカー、書籍などを展示するエキシビジョン〈DISCIPLINE〉が、8月24日(土)と8月25日(日)の2日間、東京・表参道 SIDEで開催されます。

 スロッビング・グリッスル解散後にメンバーが結成したサイキックTVや、彼らから影響を受けたジョイ・ディヴィジョンなど、関連アーティストのポスターもあわせて展示。また、スロッビング・グリッスルをオマージュしたシルクスクリーン・サービス、その名も“スロッビング・ドッグ”というホットドッグのケータリングもあります。

DISCIPLINE
Posters and Handbills of Exhibition of Industrial Music
- Throbbing Gristle and around

2019年8月24日(土)〜25日(日)
東京 表参道 SIDE(東京都港区北青山3-6-19)
12:00〜20:00
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015