ニュース

Tsuki No Wa、gallery SEPTIMAにて約8年ぶりのライヴを開催

Tsuki No Wa   2014/04/14 15:45掲載
はてなブックマークに追加
 驚きを以って迎えられた360°Recordsよりリリースの1stアルバム『ninth elegy』(2000)以降、『真昼顔』(2001)、『Moon Beams』(2003)と傑作のリリースを続け、あらゆるカテゴライズをしなやかにすり抜けながらも、歌ものとして確立された特異な音楽性、徹底した録音への拘りでAMEPHONEと共に異彩を放った音楽家集団・Tsuki No Wa。彼らが約8年ぶりとなるライヴ・パフォーマンスを5月25日(日)、東京・立川 gallery SEPTIMAにて行ないます。

 ルーツ・ミュージックやジャズ、各地のワールド・ミュージック、エレクトロニクスをボーダーレスに採集、ミュージシャン・シップに裏打ちされながらも本流からは逸脱した独特過ぎるコンポージングでミックスし、アヴァンギャルドかつ真にフレッシュなポップ・ミュージックへと昇華するTsuki No Wa。本公演には、現在それぞれが多彩な活動を展開するフミノスケ(vo, g / efuromio, ふみがしづか, ほか)、伊藤 匠(sax / Ryusenkei-Body, Daitokai ほか)、守屋拓之(cb / アヤコレット, neuma, GHOST ほか)、庄司広光(modulation / アヤコレット, 波多野敦子 ほか)の4人が集結。当日は佐立 努、青木隼人、MangnengのトリオによるKARAFUも出演、マジカルなひとときとなること必至の公演です。



Tsuki No Wa

2014年5月25日(日)
東京 立川 gallery SEPTIMA
開場 16:00 / 開演 17:00
前売 2,500円 / 当日 3,000円(税込)

[出演]
Tsuki No Wa(フミノスケ + 伊藤 匠 + 守屋拓之 + 庄司広光) / KARAFU(佐立 努 + 青木隼人 + Mangneng)

※お問い合わせ: gallery SEPTIMA
galleryseptimablog.blogspot.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015