ニュース

堤 真一×岡村隆史W主演映画「決算!忠臣蔵」11月公開 阿部サダヲの出演決定

堤真一   2019/08/19 13:23掲載
はてなブックマークに追加
堤 真一×岡村隆史W主演映画「決算!忠臣蔵」11月公開 阿部サダヲの出演決定
 堤 真一岡村隆史ナインティナイン)がダブル主演を務める映画「決算!忠臣蔵」が11月22日(金)より全国ロードショー。新キャストとして、阿部サダヲの出演が決定しています。

 山本博文の著書「『忠臣蔵』の決算書」(新潮新書)を原作に、大石内蔵助による討ち入り計画の実像をお金の面から描いた本作。大石内蔵助役を堤 真一、内蔵助を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助役を時代劇初挑戦の岡村隆史がそれぞれ演じるほか、濱田 岳横山 裕荒川良々妻夫木聡竹内結子石原さとみ西村まさ彦橋本良亮A.B.C-Z)、寺脇康文西川きよし桂 文珍木村祐一村上ショージ板尾創路らが出演します。

 阿部が演じるのは、吉良上野介に江戸城で斬りかかり即日切腹となる赤穂藩藩主・浅野内匠頭。浅野の死をきっかけに、赤穂浪士たちは仇討ちに立ち上がることとなります。監督の中村義洋とは3度目のタッグとなる阿部は本作への出演について、「中村組に少しでも参加できて嬉しかったです!でもその少しが皆さんを大変な事に巻き込んでしまうんですよね」とコメント。また監督の中村は「今回の忠臣蔵での浅野内匠頭は、狂気をはらんだ一途さが必要でした。そうなるとサダヲさんしか思い浮かばなかった」とコメントしています。

中村組に参加させて頂くのは今回で3作目なのですが、何故か毎回「真面目な人」役を頂きます。今回の浅野内匠頭も凄いです。(笑)
中村組に少しでも参加できて嬉しかったです!でもその少しが
皆さんを大変な事に巻き込んでしまうんですよね。
すみません、切腹してしまったので知りませんが。(笑)
面白いです『中村組忠臣蔵』

――阿部サダヲ

今回の忠臣蔵での浅野内匠頭は、狂気をはらんだ一途さが必要でした。そうなるとサダヲさんしか思い浮かばなかったんですが、大河主演ですし、こちらの撮影は京都ですし、無理かなあと思っていたところ、何とか調整して頂きご出演が叶いました。朝イチ、本気の「この間の遺恨、覚えたるかー!」という、障子紙が震えるほどの怒声を聞いたら、やって頂けて本当に良かったと思うと同時に、これは是が非でも討ち入りしなきゃなと、スタッフ一同、四十七士のような感慨を抱いたものです。
――中村義洋監督

赤穂事件は、この殿様が突然キレてしまったことが全ての始まり。
その実像は諸説あって、「正義感が強くて繊細な良い人説」から「いきなり癇癪を起こす病み気味のヤバい人説」まで。しかも我々の忠臣蔵はコメディなので、笑いが必要。
そんな役ができるのは今や大河主演の国民的俳優にして中村組の最終兵器・阿部サダヲさんしかいないという意見で監督と完全合致。
おそらく忠臣蔵史上(色んな意味で)最もヤバい浅野内匠頭でした。
とびきりキュートで魅力的なサダヲさんがやらかしてしまったせいで、堤さん岡村さん以下オールスターズ全員が困り果てるところから始まる今回の忠臣蔵。
冒頭からテンション高めにスタートします。どうぞご期待くださいませ。

――池田史嗣プロデューサー


©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

「決算!忠臣蔵」
2019年11月22日(金)より全国公開
chushingura-movie.jp
配給: 松竹株式会社
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015