ニュース

UA×菊地成孔、奇跡のリユニオン・ライヴを収録した『cure jazz reunion』をリリース

UA   2014/09/04 15:54掲載
はてなブックマークに追加
  UA菊地成孔が、“UA×菊地成孔”名義で2006年に発表した名盤『cure jazz』。そのリリースから8年後の2014年4月3日、東京・Bunkamuraオーチャードホールにて〈JAZZ WEEK TOKYO 2014〉の一環として、“cure jazz reunion”が行なわれ大好評を博しました。そのライヴと2014年3月に沖縄・桜坂劇場で行なわれたライヴから、選りすぐりの10曲を1枚にまとめたアルバム『cure jazz reunion』(VRCL-10119 3,00円 + 税)がリリースされました。

 “再演はあらかじめない”と決められていた企画の奇跡のリユニオンの、貴重なステージを封じ込めたアルバムです。

 また、菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラールはスペシャルゲストにUAを迎えて、9月7日(日)に第13回〈東京JAZZ〉に登場。東京国際フォーラム ホールAにて開催される“the HALL”にて演奏します。こちらも貴重なステージとなること必至です。

■2014年9月3日(水)発売
UA×菊地成孔
『cure jazz reunion』

VRCL-10119 3,000円 + 税

[収録曲]
01. Amaiyu
02. Ordinary fool
03. Born to be blue
04. Night in Tunisia
05. Music on the planet where dawn never breaks
06. Over the rainbow
07. Hymn of Lambarene
08. This city is too jazzy to be in love
09. I'll be seeing you
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015