ニュース

UA×菊地成孔、奇跡のリユニオン・ライヴを収録した『cure jazz reunion』をリリース

UA   2014/09/04 15:54掲載
はてなブックマークに追加
  UA菊地成孔が、“UA×菊地成孔”名義で2006年に発表した名盤『cure jazz』。そのリリースから8年後の2014年4月3日、東京・Bunkamuraオーチャードホールにて〈JAZZ WEEK TOKYO 2014〉の一環として、“cure jazz reunion”が行なわれ大好評を博しました。そのライヴと2014年3月に沖縄・桜坂劇場で行なわれたライヴから、選りすぐりの10曲を1枚にまとめたアルバム『cure jazz reunion』(VRCL-10119 3,00円 + 税)がリリースされました。

 “再演はあらかじめない”と決められていた企画の奇跡のリユニオンの、貴重なステージを封じ込めたアルバムです。

 また、菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラールはスペシャルゲストにUAを迎えて、9月7日(日)に第13回〈東京JAZZ〉に登場。東京国際フォーラム ホールAにて開催される“the HALL”にて演奏します。こちらも貴重なステージとなること必至です。

■2014年9月3日(水)発売
UA×菊地成孔
『cure jazz reunion』

VRCL-10119 3,000円 + 税

[収録曲]
01. Amaiyu
02. Ordinary fool
03. Born to be blue
04. Night in Tunisia
05. Music on the planet where dawn never breaks
06. Over the rainbow
07. Hymn of Lambarene
08. This city is too jazzy to be in love
09. I'll be seeing you
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015