ニュース

<LIVE福島 風とロックSUPER野馬追>最終日in いわき!

箭内道彦   2011/09/20 21:39掲載
はてなブックマークに追加
<LIVE福島 風とロックSUPER野馬追>最終日in いわき!
 福島県の復興支援を目的に、6日間に及び開催されたフェス<LIVE福島 風とロックSUPER野馬追(のまおい)>。最終日となった9月19日(月・祝)、グランドフィナーレの会場は、いわき。いち早く工場機能を復活させた、福島の産業復興のシンボル「日産自動車いわき工場」にて! まずは、10月1日に営業再開を果たす「スパ・リゾート・ハワイアンズ」よりフラガールが登場し会場を盛り上げました。

 <LIVE福島>全6日間に参加し歌いきった怒髪天増子直純は、6日間下げたパスをかざし、「将来、子どもに俺は震災の時6日間戦ったと自慢できる宝物だ」とMC。同じく6日間走り続けた高橋 優は、「今日来ていただいた皆さんが、福島の皆さんが、幸せになってもらえるようにこの歌を歌います。6日間本当にありがとうございました」と、「福笑い」を観客に届けました。

 郡山在住の藤井敬之の音速ライン、地元いわき市出身の富澤タクが率いるNumber the.も熱唱。そして、岩手(あんべ光俊)、宮城(宮藤官九郎)、秋田(高橋 優)、福島(だっペズとNumber the.)、そしてTHE BACK HORNの松田晋二も登場し、東北4県出身のアーティストがそれぞれの故郷を歌い繋いだ「予定〜いろんなところに帰ったら〜」を披露。降りしきる雨の中、観客も自身の故郷を思い浮かべながら聴き入っていた姿が印象的でした。

 大トリをつとめたサンボマスター・山口 隆は、「そろそろなんかはじめねえか、みんなで。悲しいことは聞きあきた。俺はみんなに悲しいことを言いに来たわけじゃない。俺たちはみんなの恋人になりに来た。恋人の故郷を心配して何が悪い。みんなのことを愛させてくれ」と絶叫。「毎日毎日、福島はダメだと言われる。だからおれは毎日毎日、頑張った。でもおれはできると思ったよ。みんなの笑った顔、泣いた顔を見れたから」と涙ながらに話し、「できっこないをやらなくちゃ」を歌いました。

 会場から自然と上がるいわき、相馬、郡山、猪苗代、会津若松、只見、6会場のコール。フィナーレは出演者全員が登場し、日産自動車いわき工場従業員も、ボランティア・スタッフも会場全員が一緒に、猪苗代湖ズ「I love you & I need you ふくしま」を熱唱。<LIVE福島>実行委員長・箭内道彦は最後に涙で声を詰まらせながら「明日から毎日花火あげようぜ。6日間本当にありがとう」と語り、フェスを締めくくりました。

 なお、9月23日(金・祝)には、TFM・エフエム福島の2局ネットで<LIVE福島>の模様の総集編が生放送(13:30〜15:00)。パーソナリティは高橋 優がつとめます。また、放送当日より、ドコモのスマートフォン限定で<LIVE福島>の写真集「元 風とロック」が先行配信。詳しくは、ドコモマーケットで検索を。


LIVE福島

LIVE福島

LIVE福島

LIVE福島

LIVE福島

LIVE福島


LIVE福島は、この日で終わりません。
「明日から何かがはじまるよ 君のことだよ」
猪苗代湖ズの歌のBメロにもあるように
ここから明日の福島が、日本が、世界がはじまる。
そんな6日間。

LIVE! 福島
風とロックSUPER野馬追
I love you & I need you ふくしま
実行委員一同
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015