リサーチ

エリクシール シュペリエルのCM曲は?

2008/02/04掲載
はてなブックマークに追加
資生堂 エリクシール シュペリエルのCMの曲がかっこいいのですが、誰の曲でしょうか?
 “女は、いつだって変われる”のキャッチで、小泉今日子瀬戸朝香吹石一恵の豪華3キャストが出演している資生堂 エリクシール シュペリエルのCMですね。2月1日より始まったこのCM、現在は「登場」篇、「3人の朝」篇、「初対面」篇の3ヴァージョンが放映中。3人の働く女性を描いたミニ・ストーリー仕立てで、心の中をボウリングで表現した演出がおもしろいですよね。ストーリーがまだまだ続きそうで、これからもたのしみなCMです。

 さて、問題のCM曲。こちらはこのコーナーの常連とも言える音楽プロダクション、株式会社THIRTIETH(サ−ティ−ス)制作によるオリジナル曲です。作曲は山田タマルCharaYUKIなど数多くのアーティストのアレンジも手がけている橋本竜樹。作詞に言わずと知れた元モット・ザ・フープルモーガン・フィッシャー。このヒット・メーカー・コンビに加え、ヴォーカルにTahiti 80のグザヴィエ・ボワイエを起用。軽快なロック・チューンで、CMの雰囲気を明るく、かつ精悍に引き締めています。今のところCD化の情報はありませんが、エリクシール シュペリエルの公式サイトやTHIRTIETHのサイトで聴くことができますよ。(写真はTahiti80の2005年作『フォスベリー』

■資生堂 エリクシール シュペリエル
http://www.shiseido.co.jp/eis/index.htm

■株式会社THIRTIETH
http://www.30th.co.jp/
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝!
[インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム
[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』
[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015