リサーチ

ガイ・リッチー監督映画「アラジン」の予告編で流れる曲は?

アラン・メンケン(Alan Menken)   2019/04/10掲載
はてなブックマークに追加
映画「アラジン」の予告編で流れる曲について教えてください。
 米ウォルト・ディズニー・スタジオ製作によるアニメーション映画『アラジン』を、ガイ・リッチー監督がミュージカル映画として実写化した映画「アラジン」が、6月7日(金)より全国でロードショー。封切に先駆け、予告編が公開されています。

 本作は、「アラビアン・ナイト」の物語をベースに、青年アラジンと王女ジャスミンの身分違いの恋と、魔法のランプに関わる冒険を描くファンタジー。主人公のアラジンをメナ・マスードが務めるほか、『パワーレンジャー』のナオミ・スコットがジャスミンを、『幸せのちから』のウィル・スミスがランプの魔人をそれぞれ演じています。

 予告編で使用されている楽曲は、1993年公開のアニメーション映画『アラジン』の劇中歌にして映画史に残る珠玉の名曲「ホール・ニュー・ワールド」。米ニューヨーク出身の作曲家、アラン・メンケンが作曲を手がけ、〈アカデミー歌曲賞〉を受賞した同曲は、2018年3月に発売されたメンケンのベスト・アルバム『ディズニー マジカル・ワールド〜ベスト・オブ・アラン・メンケン〜』(写真)などに収録されています。

※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015