多和田えみ連載 MUSIC OF MY MIND - chapter 4 多和田えみ Interview Vol.3 ―心地よい多和田流ソウル・ミュージック―
掲載日:2009年3月25日
はてなブックマークに追加
 3月18日に、彼女にとって3枚目となるミニ・アルバム『Sweet Soul Love』がリリースされた。ラブ・ソングを中心とした本作でとくに表われているのは、彼女の音楽の心地よさ。本稿では、最新作の魅力に触れながら多和田流ソウル・ミュージックの魅力を紹介する。また、TOPページのスペシャル動画では、最新作のリード・トラック「Baby Come Close To Me」のPV(フル・ヴァージョン)をUPしました。そちらもお楽しみください!



 「裏テーマは“裸”なんです」と彼女は、ちょっと照れたような表情で言った。
 多和田えみの3枚目のミニ・アルバム『Sweet Soul Love』は、タイトルのイメージどおり、ビター・スウィートなテイストにあふれたラブ・ソングを中心とした作品となった。このアルバムのコンセプトの源流には、昨年のクリスマス・シーズンに配信限定でリリースされた「The Christmas Song」のレコーディングがある。中島ノブユキ(p)、鈴木正人(b)、芳垣安洋(ds)とのセッションによって彼女は、“生”のアンサンブルの素晴らしさを改めて実感したという。
 「すごいミュージシャンの方々と一発録りをやらせてもらって。そのときに思ったんですよね。体温が感じられるような編成って、やっぱりいいなって。今回のアルバムも、そういうイメージで作りました。音数が少なくて、聴いてくれる人との距離が近いものにしたいなって」

 ベース、ドラム、ギター、鍵盤によるシンプルな音作りは、当然の帰結として、多和田えみの生々しい“声”を際立たせることになった。匂いたつようなセクシャリティと豊かな情感をたっぷりと響かせるヴォーカリゼーションにはやはり、抗いがたい魅力がある。
 「“声を際立たせたい”って思っていたわけではないんですけど、音数が少ないぶん、声の細かい成分みたいなものまで表現できたかなって。そういうタイプのシンガーが好きなんですよね、私自身も。エリカ・バドゥだったり、ジル・スコットだったり。スモーキー・ロビンソンディアンジェロみたいに、エロさが醸し出された音楽も大好きです(笑)」


 さらに本作は、彼女のソングライターとしての奥深いセンスも伝えている。メロウ&セクシーな手触りのミディアム・バラード「Baby Come Close To Me」、このアルバムのコンセプトを決定づけたというスウィートなポップ・チューン「Only Need A Little Light」はいずれも、彼女自身の作詞・作曲によるナンバーなのだ。
 「〈Baby Come Close To Me〉は、“メロディが熱くなりすぎず、でも、じつはしっかりエモーションが込められてる”というイメージで書きました。サウンドもシンプルだし、ソウルフル。生々しくてエロいラブ・ソングになったなって思いますね」
 「〈Only Need A Little Light〉は、“小さな灯り”がテーマになってて。去年、フジロックに出させてもらったときに“フィールド・オブ・ヘブン”でライトを買ったんですよ。ちょっと暗めの照明ですごくいい雰囲気なんですけど、その灯りを見ているときに“この小さな灯りだけでいいんだな”って思ったんです。ほんの小さな灯りに包まれているからこそ、大切な人の優しさや温かさが染み込んでくるんじゃないかなって。誰かのことをすぐ近くに感じられる幸せな瞬間を描いてみたい――そう思ってたら、自然とラブ・ソングになってました」

 肌と肌が触れ合うような距離感、匂いや息づかいまでが伝わってくるような臨場感。彼女が紡ぎだす言葉とメロディには、たとえば山田詠美の小説にも通じるような、人間らしい生々しさが宿っている。曲を書き始めた理由について、彼女はこんなふうに語る。
 「沖縄でライヴを始めた頃、最初はカヴァーをたくさんやってたんですよ。曲のなかにあるメッセージを感じているうちに、“自分の気持ちを自分の言葉で届けたい”って思うようになって。その頃から、いずれは自分のオリジナル曲を歌いたいって思ってましたね。シンガーでもあり、表現者でもありたいなって」

 ジャンルを超越しながら、本質的・人間的なメッセージを心地よく響かせる多和田えみ。今後の音楽的な方向性について彼女は、「自分が好きなもの、“超かっこいい!”と思うものをやっていきたいっていうだけですね」と言い切る。
 「ジャンルとか外からの見え方、戦略みたいなことはよくわからない。ただただ、いい音楽を必死でやっていきたいですね。それが自分の思う“ソウル・ミュージック”に繋がっていくと思うので」


取材・文/森 朋之(2009年2月)

次回、初のライヴ・ツアー初日、3/24 東京公演ライヴ・レポート!


Live Information
多和田えみ&The Soul Infinity
《Sweet Soul Tour 2009》

★2009.3.26(木)大阪@梅田Shangri-La
OPEN 18:30/START 19:00
問:夢番地[Tel]06-6341-3525

★2009.3.28(土)沖縄@SALT&PEPPER
OPEN 19:00/START 19:30
問:SALT&PEPPER[Tel]098-926-2111

※Total Information : https://www.techesko.com/
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015
Copyright © ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.