ニュース

元グランダディのジェイソン・ライトルが全曲無料のクリスマス・アルバムを発表

ジェイソン・ライトル(Jason Lytle)   2009/12/10 14:27掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
元グランダディのジェイソン・ライトルが全曲無料のクリスマス・アルバムを発表
 2006年に解散した米ローファイ・バンド、グランダディ(Grandaddy)でフロントマンとして活躍したジェイソン・ライトル(Jason Lytle)が全曲無料のクリスマス・アルバムを発表! 自身の公式サイトにて無料ダウンロード配信しています。

 ジェイソンは今年、曲作りはもちろん、演奏から録音までをほぼ全て一人で成し遂げたアルバム『ユアーズ・トゥルーリー、ザ・コミューター』でソロ・デビュー。バンド時代の音を継承しつつ、サウンドも詞もより深みを増したシンガー・ソングライターとして活躍しています。

 無料配布されているクリスマス・アルバム『Merry X-Mas 2009』(写真)は、ソロ・デビュー作とは異なり、全曲ピアノ・ソロで構成されたインストゥルメンタル作品。なんでも自宅の居間にマイクを設置して録音したらしく、即興による約35分間のピアノ・ミュージックが楽しめます。公式サイトでは楽曲ごとのダウンロードが可能。ジェイソンの持つ木訥な人柄が滲み出たピアノ・ソロをアナタもぜひ入手を!

 なお、ジェイソンは2ndソロ作の制作も現在進めているようです。こちらも楽しみにしていましょう!


●『Merry X-Mas 2009』
・Last Conversation In Waltz Time
・Wild Animals Slowly Approaching The Lovely Country Funeral
・Out Cold On Indian Ambien
・Meeshell
・Good Chord Song For LP Two
・Bird Feeder Soap Opera Plot
・SepDecember Song
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015