ニュース

元グランダディのジェイソン・ライトルが全曲無料のクリスマス・アルバムを発表

ジェイソン・ライトル(Jason Lytle)   2009/12/10 14:27掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
元グランダディのジェイソン・ライトルが全曲無料のクリスマス・アルバムを発表
 2006年に解散した米ローファイ・バンド、グランダディ(Grandaddy)でフロントマンとして活躍したジェイソン・ライトル(Jason Lytle)が全曲無料のクリスマス・アルバムを発表! 自身の公式サイトにて無料ダウンロード配信しています。

 ジェイソンは今年、曲作りはもちろん、演奏から録音までをほぼ全て一人で成し遂げたアルバム『ユアーズ・トゥルーリー、ザ・コミューター』でソロ・デビュー。バンド時代の音を継承しつつ、サウンドも詞もより深みを増したシンガー・ソングライターとして活躍しています。

 無料配布されているクリスマス・アルバム『Merry X-Mas 2009』(写真)は、ソロ・デビュー作とは異なり、全曲ピアノ・ソロで構成されたインストゥルメンタル作品。なんでも自宅の居間にマイクを設置して録音したらしく、即興による約35分間のピアノ・ミュージックが楽しめます。公式サイトでは楽曲ごとのダウンロードが可能。ジェイソンの持つ木訥な人柄が滲み出たピアノ・ソロをアナタもぜひ入手を!

 なお、ジェイソンは2ndソロ作の制作も現在進めているようです。こちらも楽しみにしていましょう!


●『Merry X-Mas 2009』
・Last Conversation In Waltz Time
・Wild Animals Slowly Approaching The Lovely Country Funeral
・Out Cold On Indian Ambien
・Meeshell
・Good Chord Song For LP Two
・Bird Feeder Soap Opera Plot
・SepDecember Song
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 結局誰とも共有できない部分――ギリシャラブ、京都が生み出した新たな謎[インタビュー] “好きだ!”という気持ちをぶつける対象があるだけで、人生はとても豊かになる――寺嶋由芙が目指す“ゆるドル”とは
[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」
[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』
[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015