ニュース

グランダディ、最新作発表を持って解散に

グランダディ(GRANDADDY)   2006/01/30掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 感性豊かな自然体のポップ・サウンドで注目を集めた、米カリフォルニア出身のローファイ・ポップ・バンド、グランダディ(写真は『サムデイ』)。その彼らが今年リリース予定の最新作『Just Like The Fambly Cat』の発表を持って、その活動に終止符を打つことになった模様です。

 いくつかの海外メディアが、バンドの中心人物であるジェイソン・リトルや、所属のV2レコードのスポークスマンの話として伝えていることによれば、その原因には明確なものはないものの、フラストレーションがたまり、メンバーとの関係も上手くいっていない現状では、この事態は“避けられないもの”であったとのこと。まだ正式発表されていないものの、彼らの公式HPでは“私たちはあなたを忘れないでしょう”や“愚かなバンドの支持者に感謝する”といったコメントが掲載されていますので、今後何らかのアナウンスが公式HPでもあるのかも? ラスト・アルバムとなる最新作『Just Like The Fambly Cat』はUSにて5月9日のリリースが予定されています。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015