2019年10月20日(日)
  
米国の大地に根差す男、トム・ペティが誕生
トム・ペティ / 1950年)
米国の大地に根差す男、トム・ペティが誕生
アメリカン・ロック・シーンを代表するアーティストのひとり、トム・ペティが米国フロリダ州に生まれる。11歳の時に目にしたエルヴィス・プレスリーに衝撃を受け、ロックンローラ−を目指すようになった。すぐにギターを手にし、高校時代に初めてのバンドを結成。74年のデビュー以降、その独特の声と、ロックンロール、ブルース、カントリーが一体となったような埃臭いサウンドで人気を獲得する。米国人にしか作りえないロックを響かせる男だ。
−2006年09月28日作成−
ラッパーのスヌープ・ドッグが誕生
スヌープ・ドッグ / 1971年)
ラッパーのスヌープ・ドッグが誕生
ラッパーのスヌープ・ドッグが米国カリフォルニア州ロングビーチに生まれる。本名はカルヴィン・ブローダス。“スヌープ”というニックネームは、あのスヌーピーに由来しており、幼い頃の彼がスヌーピーの登場作品『ピーナッツ』を大好きだったことから付けられたそうだ。ネイト・ドッグ、ウォーレンGと組んだ213でドクター・ドレーに見出され、以降はドレーの弟分的存在に。ギャングスタの筆頭格として、高い人気と影響力を誇るに至った。
−2007年09月27日作成−
レーナード・スキナード、飛行機事故でメンバーを失う
レーナード・スキナード、飛行機事故でメンバーを失う
レーナード・スキナードの移動用飛行機がミシシッピ州マッコム付近の森林に墜落、リーダーのロニー・ヴァン・ザントを含めメンバー&スタッフ6名が死亡する。オールマン・ブラザース・バンドと並び、70年代サザン・ロックを代表するバンドだった彼ら。遺作となったアルバム『ストリート・サーヴァイヴァーズ』は、最初、メンバーが炎に包まれたジャケット・イメージだったが、急遽裏面に使われていた写真に切り替えられた。主要メンバーを失ったスキナードは、初期の音源を『ファースト&ラスト』として発表後に解散した。
−2000年09月26日作成−
「危険な女神」のKATSUMIが誕生
KATUMI / 1965年)
「危険な女神」のKATSUMIが誕生
'90年にカメリアダイヤモンドのCMソング「危険な女神」がヒットしたKATSUMI(本名:渡辺克巳)、茨城県に生まれる。'90年アルバム『SHINING INTHE NIGHT」でデビュー。同年シングル「危険な女神」(カメリアダイヤモンドのCFソング)がヒットする。'94年にはドラマ『妹よ』に本名で出演したりもしていたが、自身の音楽活動だけでなく、『ウルトラマンコスモス』の主題歌等を歌うユニット、Project DMMにも参加。ちなみにDMMとは「ドリーム・ミラクル・メッセンジャー」だという。
−2002年09月27日作成−
TVアニメ『ONE PIECE』が放送開始
尾田栄一郎 / 1999年)
TVアニメ『ONE PIECE』が放送開始
1999年10月20日、尾田栄一郎の人気漫画を原作にしたTVアニメの放送がフジテレビ系にて開始される。アニメーション制作は東映アニメーション。スタート当初は多くの「ジャンプ・アニメ」を生んだ水曜日19時枠での放送だったが、その後、日曜日の夜、日曜の朝と放送枠を移動し、現在に至っている。物語は不思議な力を授かった少年ルフィとその仲間たちが大海原を駆けめぐるアドベンチャー・ロマン。劇場版も定期的に公開されており、毎回数多くの観客を動員している。
−2008年10月15日作成−
国民的“お父さん”!『渡る世間は鬼ばかり』の藤岡琢也が死去
藤岡琢也 / 2006年)
国民的“お父さん”!『渡る世間は鬼ばかり』の藤岡琢也が死去
NHKドラマ『事件記者』やTBS系ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』で知られる俳優の藤岡琢也が慢性腎不全のため死去。76歳だった。『渡る世間〜』やインスタントラーメンのCMに長年にわたり出演し、国民的“お父さん”として幅広い層から愛された。また、ジャズの知識も豊富で、ラジオのジャズ番組で案内役を務めるほどでだった。
−2007年09月28日作成−
ビートルズ365:ジョン、シングル「コールド・ターキー」発売。
ザ・ビートルズ / 1969年)
ビートルズ365:ジョン、シングル「コールド・ターキー」発売。
ジョン、プラスティック・オノ・バンドとしての2枚目のシングル「コールド・ターキー」米国発売(英国では24日、日本では70年1月10日)。全米では最高30位、全英では最高14位止まりであった。もともと、ジョンはこの曲をビートルズの新曲として発表したがっていたが、メンバーの反対にあいソロ名義で発表。この曲のタイトルはスラングで「(麻薬中毒下での)禁断症状」を意味し、麻薬中毒に対し警告を発するうえでジョンはこの曲を書いたものの、この曲が麻薬を啓蒙するドラッグ・ソングとメンバーに解釈されてしまったためだった。この曲が発表されるとドラッグ・ソングであることを理由に、BBCなど英米の放送局で放送禁止処分を受けてしまった。
−2006年09月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015