ニュース

新国立劇場25周年を記念して、豪華絢爛なオペラ『アイーダ』の再上演が実現

2023/01/31 12:31掲載
はてなブックマークに追加
新国立劇場25周年を記念して、豪華絢爛なオペラ『アイーダ』の再上演が実現
 新国立劇場の開場25周年を記念して、古代エジプトの戦士ラダメスと敵国エチオピアの王女アイーダの悲恋を描いたヴェルディのオペラ、『アイーダ』が4月5日(水)から4月21日(金)まで東京・新国立劇場オペラハウスで上演されます。

 1998年に新国立劇場が開場した際、その記念公演として上演されて以来、絶大な人気を誇るこのオペラの演出を手がけたのはミラノ・スカラ座の『オテロ』『ラ・ボエーム』『トゥーランドット』、メトロポリタン歌劇場の『カルメン』や『椿姫』などで知られ、映画監督としても活躍したフランコ・ゼッフィレッリ。舞台に古代エジプトを現出させ、衣装や装飾品にも粋を極めた舞台美術を楽しませてくれます。また、有名な第2幕「凱旋の場」は、総勢300名もの出演者が登場。豪華絢爛で圧倒的な舞台が繰り広げられます。

 指揮者は、メトロポリタン歌劇場、ミラノ・スカラ座などの著名歌劇場で活躍する世界最高のオペラ指揮者の一人、カルロ・リッツィ。新国立劇場で2018年に上演された『ファルスタッフ』も絶賛されたリッツィが5年ぶりに登場します。アイーダ役には世界の主要歌劇場に出演し日本のファンも多い名ソプラノのセレーナ・ファルノッキア、ラダメス役には強靭な声を誇る世界最高峰のテノール、ロベルト・アロニカ、アムネリス役にはアメリカ出身でベルリン・ドイツ・オペラなどで活躍中のアイリーン・ロバーツが出演。アイーダの父アモナズロ役にはスケールの大きな歌唱で絶賛されるバリトンの須藤慎吾、司祭長ランフィス役には日本の誇る妻屋秀和、エジプト国王役には実力派の伊藤貴之、伝令役には人気絶頂の村上敏明と国内のトップ歌手が揃います。また、巫女役として、新国立劇場オペラ研修所を経てイタリアで研鑽を積んだ大型のメゾソプラノ十合翔子が新国立劇場のシーズン公演デビューを飾ります。


写真は新国立劇場「アイーダ」2018年公演より 撮影:寺司正彦
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KERA、還暦記念ライブ直前インタビュー(よりぬき版)[インタビュー] illiomote 新たなモードのサウンドを詰め込んだEP
[インタビュー] ピアノYouTuberみやけん 待望の3rdアルバム![インタビュー] 加古 蓮/袈福新映像を追加した〈NHKスペシャル「映像の世紀コンサート」〉の聴きどころ見どころ
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015