ニュース

土屋太鳳主演映画『マッチング』2024年公開決定 Snow Man・佐久間大介が実写映画単独初出演

2023/06/02 13:21掲載
はてなブックマークに追加
土屋太鳳主演映画『マッチング』2024年公開決定 Snow Man・佐久間大介が実写映画単独初出演
 代表作『ミッドナイトスワン』(2020)が第44回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞し、ダブル監督を務めた公開待機作『探偵マリコの生涯で一番悲惨な日』が第40回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭の「ホワイト・レイヴン・アワード」を受賞するなど、国内外問わず評価を高める内田英治が監督・脚本を務め、映画・ドラマで活躍する土屋太鳳の主演で贈る、マッチングアプリによる“出会い”から始まる恐怖を完全オリジナルで描いた新感覚サスペンス・スリラー『マッチング』の公開が2024年に決定。あわせて、土屋太鳳演じる主人公・輪花(りんか)とマッチングする“狂気のストーカー”永山吐夢(ながやま とむ)役としてSnow Man佐久間大介が出演することも発表されています。

 Snow Manのメンバー全員で主演を務めた実写映画『おそ松さん』(2022)は観客動員数110万人&興行収入15億円突破のヒットを記録。個人としては、アニメ『ブラッククローバー』(2020)で声優としてデビューし、21年には中国のアニメ映画『白蛇:縁起』の日本語吹き替え版で声優として初主演を務めるなど、新たなジャンルで才能を開花させているSnow Manの佐久間大介。実写映画単独初出演となる本作では、これまでのイメージを大きく覆す狂気に満ちた役に挑戦。恋愛に奥手な主人公・輪花がマッチングアプリを介して出会う、異様な暗い雰囲気を漂わせ、輪花に執拗につきまとうストーカー・永山吐夢を演じます。

 公開されたキャラクターカットでは、トレードマークのピンク髪から金髪となり、怪しげな眼が印象的な吐夢の完成されたキャラクターが伺えますが、出演オファーの段階では「自分と真逆のキャラがきてとても悩みました」と苦労した経緯も。しかし、内田監督と二人三脚で入念にディスカッションを重ねながら創りあげていったことで「結果的に僕じゃないとできなかったんじゃないかなと思うくらい自信の持てる永山吐夢像が出来上がりました」と自信を覗かせています。

 ウェディングプランナーとして仕事が充実している一方で、プライベートでは恋愛に奥手な輪花がマッチングアプリに登録することで始まる本作。新たな出会いに期待をして、初デートに向かう輪花ですが、そこに現れたのはプロフィールとは全く違い、見た目は平凡だけど、どこか異様な雰囲気を持つ吐夢でした。どこか異様な雰囲気に違和感を感じる輪花ですが、アプリ婚をしたカップルの連続殺人事件に自身が巻き込まれていく過程で、吐夢が捜査線上に浮上し、これまでに他のアプリでも問題を起こし、警戒されている人物だったことが発覚します。

 現代社会にも広く普及したマッチングアプリによる“出会い”から始まる恐怖、ジェットコースターのようなノンストップの展開。今の時代だからこそ引き込まれる設定とストーリーに期待が高まります。

[コメント]
最初にお話を頂いた時、自分と真逆のキャラクターの役が来て、とても悩みました。
どこまでの表現をするか、吐夢にとって何が原動力なのか自分なりに考えて、内田監督と話し合いを重ねました。
役と向き合う時間を沢山持ったからこその吐夢が出来上がったし、最終的には僕じゃないとできなかったんじゃないかと思うくらい自身が持てる永山吐夢像が出来上がり、嬉しく思います。愛してあげたいキャラクターになっていると思います。今の生活に近いものの怖さとか、人ってこんなつながりがあるんだとか、つながりがテーマにある作品なので、人を信じるとか、好きになるとか、そういうことも考えられるし、この映画を見て改めて色々思うことがあるとも思うので、そういった部分を楽しんでもらえたら嬉しいです。世界一静かな佐久間が見られるので、自分のことを知ってくださっている方は、こういうしゃべり方もできるんだという意外なところも楽しんでいただきたいです。

――佐久間大介(Snow Man)

本作の重要なキャラクターである永山吐夢役を佐久間大介さんに演じていただきました。とても複雑な感情を持つ難しい役でありますが、撮影前の準備段階から行動の原理や内面的な感情部分など多くの質問をいただき、二人で話し合いながら命を吹き込んだキャラクターです。演技経験がほとんどないということで、そのぶん純度の高い演技を撮影することができました。どうぞスクリーンで、佐久間さんのピュアな感情の変化を見てほしいと思います。
――内田英治監督

【永山吐夢】という役は、内田英治監督が新たに生み出した、全く予測の利かない行動で映画を観る人の心を戦慄させる一方で、何故か不思議と愛着をもってしまう強烈なキャラクターです。キャスティングする上で既成の枠にはまらない方を見出したいと考えていた時にバラエティやコンサートで太陽のように誰の心も明るく照らす佐久間大介さんのご活躍が目に留まり、そのプロフェッショナルなお仕事ぶりに徹底した準備を重ねているように感じまして、陰と陽が反転した時に更にこのキャラクターは強くなると確信してオファーさせていただきました。佐久間さんはキャラクターを深く掴もうと何度も内田監督とミーティングを重ねて、お二人で【永山吐夢】を研磨されていきました。現場でその姿を見た時にスタッフ一同震えました。【俳優・佐久間大介】の凄みをスクリーンで是非ご堪能いただきたいです。
――二宮直彦 プロデューサーコメント


©2024『マッチング』製作委員会

『マッチング』
2024年公開決定
公式サイト: movies.kadokawa.co.jp/matching
公式Twitter: twitter.com/movie_matching
製作・配給: KADOKAWA
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] YOYOKA    世界が注目する14歳のドラマーが語る、アメリカでの音楽活動と「Layfic Tone®」のヘッドフォン[インタビュー] 松尾清憲 ソロ・デビュー40周年 めくるめくポップ・ワールド全開の新作
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015