ニュース

Mr.マングース、“不完全さや違和感を受け入れる”ことを後押しする新曲「まともじゃない」リリース

2023/11/29 12:55掲載
はてなブックマークに追加
Mr.マングース、“不完全さや違和感を受け入れる”ことを後押しする新曲「まともじゃない」リリース
 ひねくれポップ・ロック・バンド、Mr.マングースが、新曲「まともじゃない」を11月29日(水)に配信リリース。

 Mr.マングースは鶴田拓海(vo,g)、ミヤタヶスヶ(b)、かずし(g)によるロック・バンド。ポップスで育ちブラックミュージックとロックを好み、アイドルにハマる鶴田により作られる楽曲は、キャッチーなメロディやワードとほんの少し漂うひねくれ感が特徴。

 本作は、“不完全さや違和感を受け入れる”ことを後押しする楽曲。前作「延命」や「ニケは光る」のロックサウンドからは打って変わり、ピアノやアコースティックギター、ストリングスが際立つバラード作品。ヴォーカル鶴田の歌いだしから始まり、中盤から後半にかけて感情を大きく揺さぶるかのように展開していく本作は、曲名「まともじゃない」からは想像のつかない内容となっています。

 「まともじゃないのは決して悪いことではなく、思い詰める自分をも受け入れて愛してほしい」という強いメッセージが込められており、自身や周りに違和感を抱えて生きる人に寄り添う温かい曲。立場や性別を問わず全ての人に聴いてほしい1曲に仕上がっています。

[コメント]
自分はありがたいことに、親に愛されて育ちました。
しかし親というのは身勝手なもので、自分で産んだくせに子育てが大変だと息をするように嘆き、思い通りに育たないと見捨てたりもする。そしてどうしてこんなふうに育ってしまったのかと憐れみの目を向けたりする。挙げ句の果てには「私のせいでこんなふうに育ってしまったのか」と自分自身すらをも責めたりする。
そんな現実が本当に嫌で仕方がありませんでした。
子を想う気持ちの中に「かわいそう、もっと愛してあげなければ」という感情や自責は不要だと思います。

子は親の背中を見て育つので、あなたは何よりもまずあなたを愛してあげてください。完璧な人間なんて居らず、誰もがみな欠陥品でまともじゃない。ある映画を見てそんな想いがより一層強くなり、その想いを曲にしました。

――Vo. 鶴田拓海

拡大表示


■2023年11月29日(水)配信開始
Mr.マングース
「まともじゃない」

linkcloud.mu/729849a1
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 文坂なの [インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル
[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ![インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー!
[インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音
[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来
[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作
[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作[インタビュー] セルゲイ・ナカリャコフ 世界有数のトランペット奏者が新作アルバムで挑んだヴィトマン作曲の超難曲
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015