ニュース

『マッドマックス:フュリオサ』ジョージ・ミラー監督×『北斗の拳』原哲夫、日本とオーストラリアを中継し対談実現

2024/05/28 12:46掲載
はてなブックマークに追加
『マッドマックス:フュリオサ』ジョージ・ミラー監督×『北斗の拳』原哲夫、日本とオーストラリアを中継し対談実現
 2015年に公開されるやいなや、そのリアルで圧巻のノンストップ・カーアクションが世界中を席巻し、映画史を変えた『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。伝説の創始者・偉大なる巨匠ジョージ・ミラー監督が再び世界に放つ、伝説のサーガ最新作『マッドマックス:フュリオサ』が、5月31日(金)に全国公開(日本語吹替版 / IMAX® / 4D / Dolby Cinema®(ドルビーシネマ) / ScreenX 同時上映)となります。

 そして、累計発行部数1億部超を誇るアクション漫画の金字塔『北斗の拳』。1983年に『週刊少年ジャンプ』にて連載がスタートした本作は一躍社会現象化。この不朽の名作の漫画家・原哲夫は、1979年から続く『マッドマックス』シリーズの大ファンを公言しており、荒廃した世界、暴力で支配するバイカー集団、絶望の中でも生き抜く主人公の姿など、自身の作品にも多大な影響を受けていたといいます。

 先日、映画『マッドマックス:フュリオサ』公開に先駆けて、原哲夫本人が描き下ろした主人公“怒りの戦士”フュリオサのイラストが公開され、全人類待望のコラボが実現。「『北斗の拳』と『マッドマックス』のコラボ、夢のよう!」「原哲夫のフュリオサかっこ良すぎるな、しなやかでパワフル」「原先生のフュリオサが拝めるとは…!!」など、SNS上で絶賛の嵐が巻き起こりました。『マッドマックス』最新作へ「すべてが最高!冒頭から最後まで面白かった!私もジョージ・ミラー監督から多くの影響を受けたひとり。もう無いだろうと思っていたら、そんな創り方があるのか!? と、まだまだ新しい映像世界を見せてくれることに、本当に頭が下がる思い。本気で僕を弟子にして欲しいです!」という熱烈な“マッドマックス愛”を爆発させていた原哲夫でしたが、この度日本とオーストラリアを中継してジョージ・ミラー監督と原哲夫の奇跡の対談が実現。『北斗の拳』連載から約40年の時を経て、原哲夫の長きに渡る熱き想いが遂に実を結びました。

 原哲夫はミラー監督と直接会話をするのは今回が初めて。原哲夫は「私が手掛けた作品『北斗の拳』は、あなたの作品『マッドマックス2』からインスパイアを受けています。まさか40年の時を経て、お会いできる日がくるとは思わなかったので本当に感激をしております。お会いできてとても光栄です」と、心に溢れる思いの丈を伝えました。ミラー監督からインスパイアを受け創作活動をしてきた漫画家として発想の源を聞くと、ミラー監督は「私が大切にしているのは“好奇心”です。私の場合は映像やビジュアルで表現をしていますが、一般的にストーリーを創り上げるということは、何千年という時間をかけても決して極めることはできません。ですが、“好奇心”さえあれば、創り続けることが出来るのです」と、ストーリー作りの極意を伝授。エンタメを愛する全人類感動不可避の対談となりました。この日のために、「Dear George」と原自身のサインと、映画でも印象的な力強い眼のフュリオサを描き下ろしイラストに加えた、特別イラストをプレゼント。ミラー監督はこのイラストを手に取ると、少年のような満面の笑みを見せました。

 念願のミラー監督との初対面を果たした原哲夫は「想像以上に優しく、僕のこともご存じでいてくださって、フランクに話しかけていただき嬉しかったです。若さの秘訣をもっと伺いたかったですね(笑)」と語り、ミラー監督とすっかり打ち解けた様子。さらに「監督の脳はまったく衰えていない。しかもエンターテイメントを忘れていない。私たちの希望の星ですよ。年を重ねていくと変わっていくもの。でも僕は、変わらずにずっとエンターテイメントに徹していきたいという想いがあるから、ミラー監督もまったく変わらないでいてくれて、そこがとても嬉しかったです」と、現在進行形で創作活動の最前線を走り抜けている気概に、最大限の敬意と一ファンとしての大きな喜びを語りました。「そして、新しい映像をまだ創り出すことが出来る人である。もう無いだろうと思っていたら、そんな創り方があるのか!? と。まだまだ影響を受けますね。これからもミラー監督を応援していきたいと思います。もっと色々な世界を見せてほしいです。若い世代に教えていって欲しい、色々な気づきを与えていってほしい。僕もそれを追いかけていきたい」と、長年敬愛しているからこそ、監督の変わらぬ創作意欲について感激し、原哲夫自身のモチベーションもMAXとなりました。

 原哲夫の描き下ろしイラストは、雑誌『映画秘宝』(絶賛発売中)で表紙を飾り、今回実現した原哲夫とジョージ・ミラー監督との対談が同誌で全文掲載。世界を魅了し続けるトップクリエイター同士の奇跡的な対話をすべて目の当たりにしてほしいところです。また、東京・SHIBUYA TSUTAYAで5月29日(水)〜5月31日(金)の3日間限定で開催される、『マッドマックス:フュリオサ』の公開を記念した特別展示イベント「マッドワールドV8展」でもイラストが展示。このイベントでは、『マッドマックス』最新作のMADな世界に没入できるフォトスポットや、大型キャラクター・アクリルスタンドやプレゼントの限定カードの配布、コラボイラスト展示や物販コーナーなど、ここでしか見られない特別な展示が盛りだくさんでお披露目されます。日本では知らぬ者がいないほど、今なお愛され続けている『北斗の拳』の漫画家・原哲夫が憧れ続けたジョージ・ミラー監督最新作にして、原哲夫も太鼓判を押す『マッドマックス:フュリオサ』は、ついに5月31日より全国ロードショー。

 なお『北斗の拳』は、原作生誕40周年を記念して『北斗の拳FIST OF THE NORTH STAR』とし新たにアニメ化。新作アニメーションのティザー・キー・ヴィジュアルもフュリオサのコラボイラストと通ずるように、ケンシロウが力強く立つ、たくましい姿が描かれています。本プロジェクトでは、武論尊と原哲夫が描いた『北斗の拳』の世界を、新たなスタッフ・キャストと最新の映像技術で原作の魅力を余すこと無く忠実に映像化。放送・配信プラットフォームやリリース時期などの詳細は続報にて発信される予定です。

拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示

©武論尊・原哲夫/コアミックス,「北斗の拳」製作委員会
© 2024 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation.
Dolby Cinema is a registered trademark of Dolby Laboratories.


『マッドマックス:フュリオサ』
2024年5月31日(金)より全国公開
wwws.warnerbros.co.jp/madmaxfuryroad/index.html
配給: ワーナー ブラザーズ映画
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015