ニュース

新生INXSの最新作、日本発売決定

2006/05/11掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 バンドのフロントマンであったマイケル・ハッチェンスの悲劇的な死を乗り越え、新たな布陣で制作を行なったオーストラリアを代表するバンド、INXSのニュー・アルバム『スウィッチ(Switch)』(写真)がいよいよ日本でも発売決定! 日本盤(EICP-636 \2,520(税込))は6月21日に発売される予定です。

 昨年に米TV番組『Rock Star:INXS』にて新ヴォーカリストのオーディションを行ない、カナダ出身の男性ヴォーカリスト、J.D.フォーチュンを新たなヴォーカリストとしてバンドに正式加入させたINXS。本作はプロデューサーにガイ・チャンバーズを起用した新たな布陣としては初となるアルバムで、海外では昨年11月にすでに発売済。カリスマ的存在であったハッチェンスの声がないのが寂しいところですが、結果的に充電期間が長かっただけあって、より練られたINXS節全開のロック・サウンドは意欲伝わる充実ぶり。複雑な想いの方もいるかと思いますが、本作で彼らの新たな門出を祝ってみてはいかがでしょうか? なお海外ではDualDisc盤も発売されていますが、日本盤は通常CDのみです。

●『スウィッチ』
01. Devil's Party
02. Pretty Vegas
03. Afterglow
04. Hot Girls
05. Perfect Stranger
06. Remember Who's Your Man
07. Hungry
08. Never Let You Go
09. Like It Or Not
10. Us
11. God's Top Ten
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
[インタビュー] シバノソウ、少し大人になった彼女の「これから」を表明した新作EP[インタビュー] 広瀬咲楽、ナチュラルな歌声が魅力のSSW、真骨頂である春曲を集めたアルバム
[インタビュー] 橋本一子×藤本敦夫、スペシャル・ライヴ直前、マルチ・アーティスト対談[特集] 井上芳雄、デビュー20周年、スペシャルライヴを収めた豪華DVD + CD発売
[インタビュー] 魚返明未&井上 銘、ピアニストとギタリスト、同い年で旧知の二人による和らぎのデュオ・アルバム[特集] ウエスト・サイド・ストーリー OST 名作ミュージカルをスピルバーグ監督が新たに映画化永遠の輝きを放つその音楽の魅力
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015