ニュース

今敏監督最新アニメ映画『パプリカ』サントラ登場!音楽担当は平沢進

2006/10/10掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
今敏監督最新アニメ映画『パプリカ』サントラ登場!音楽担当は平沢進
 今年9月に行なわれたヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品され大絶賛を得た、今敏監督の最新アニメーション映画『パプリカ』。そのオリジナルサウンドトラック(CHTE-0038 \2800(税込))がついに登場! 音楽を手がけたのは、今敏作品にはお馴染みの平沢進P-MODEL)です。

 『パプリカ』は筒井康隆の同名SF小説が原作で、夢に入り込んで心の病を治す装置が盗まれ、女性研究者が“夢探偵=パプリカ”となって調査に乗り出す姿を描いた作品。アニメーションの制作はマッドハウスで、“今敏×平沢進”としては『千年女優』『妄想代理人』に続く作品となります。

 サントラには劇中で使用されている楽曲を中心に全13曲を収録。またCDエクストラ仕様となっており、平沢進「白虎野」(パプリカ・ヴァージョン)のショート・ムービーも収録されます。発売はTESLAKITEより11月23日を予定。

 なお映画は2007年の正月映画第1弾として全国公開される予定です。映画本編ともどもサントラにもご注目ください!
続報
映画『パプリカ』サントラ、収録曲&ジャケ判明
最終的に確定したトラックリストが判明しましたので、ジャケットとともに再掲載いたしました。
[ 2006/11/06掲載 ]


『パプリカ』オリジナルサウンドトラック(CHTE-0038 \2800(税込)・写真)
01: パレード
02: 媒介野
03: 回廊の死角
04: サーカスへようこそ
05: 暗がりの木
06: 追う者
07: Lounge
08: 影
09: 滴いっぱいの記憶
10: 逃げる者
11: 予期
12: パレード(instrumental)
13: 白虎野の娘(パプリカ・エンディングテーマ)

・EXTRA TRACK 平沢進short movie 「白虎野の娘」
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015