ニュース

平沢進がイタリアのデス・メタル系ヴォーカリストとの共作を発表

2008/05/22 15:19掲載
はてなブックマークに追加
 日本を代表するサウンド・クリエイターの平沢進が、イタリア人ヴォーカリストとの共作を発表! イタリアのデス・メタル/ダーク・エレクトロ・シーンで活躍するリッカルド・ブレット(Riccardo Brett)によるプロジェクト“InhVmaN”との連名で、シングル「Tetragrammaton(テトラグラマトン)」(CHTE-0043 税込1,575円)を発表します。

 リッカルド・ブレットは、Arkham Asylumというデス・メタル・プロジェクトへの参加のほか、自らはダークなエレクトロ・プロジェクト“InhVmaN”を主催し、ヴォーカルを主体にしたマルチ・プレイヤーおよびプロデューサーとして活躍している人物。 
 シングルには2人が共作した全3曲を収録。リッカルドのダーク・ヴォイスと平沢のハイトーン・ヴォイスが出会った、壮大な“エレクトロ・ダーク・シンフォニー”に仕上がっているようです。発売は6月25日を予定。日本とイタリアを結んで生まれた異色のコラボ作にご注目ください! (写真は平沢進の『映像のための音楽〜平沢進サウンドトラックの世界』
続報
平沢進とイタリアのデス・メタル系ヴォーカリストとの共作、試聴開始
公式サイトの作品ページにて表題曲「Tetragrammaton」の試聴がスタート! 異色のナンバーをぜひご体験ください。
[ 2008/06/19掲載 ]


●Susumu Hirasawa&InhVmaN「Tetragrammaton(テトラグラマトン)」(CHTE-0043 税込1,575円)
01. Pan Daimon Aeon
02. Tetragrammaton
03. No Mourn…
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015