ニュース

〈フジロック’13〉第4弾出演者を発表! カール・ハイド、ボーイズ・ノイズ、浅井健一ほか

2013/04/11 16:01掲載
はてなブックマークに追加
〈フジロック’13〉第4弾出演者を発表! カール・ハイド、ボーイズ・ノイズ、浅井健一ほか
 7月26日(金)〜28日(日)苗場スキー場にて行なわれる〈FUJI ROCK FESTIVAL'13〉の第4弾出演者計16組が発表されました。

 昨年はロンドン・オリンピックが開催され、それを祝福するかのごとくフジロックのラインナップにもたくさんのイギリスのアーティストが名を連ねましたが、そのロンドン・オリンピックの開会式で音楽監督を務め話題になったカール・ハイドの出演が決定!

 つい先週末に〈SonarSound Tokyo〉のヘッドライナーとして、ソロ名義初のパフォーマンスを行ない、昨日ソロ・デビュー・アルバム『エッジランド』がリリースされたばかりですが、早くも苗場に登場! アンダーワールドはフジロックでも数々の伝説のステージがありますが、今年新たな1ページを刻んでくれることでしょう。

 そして、EDMの星、ボーイズ・ノイズがついにライヴでフジロックに挑みます! 2メートル以上のスカルにLEDを背負ってのライヴはまさに圧巻のひとこと。見逃せません。

 また、UKポスト・ダブステップ・ムーヴメントの新星、ダークスターをはじめ、ジョン・コルトレーンの遺伝子を受け継ぐデヴィッド・マレイメイシー・グレイをフューチャーして登場、USネオ・シューゲイズ・シーンから飛び出したダイヴ、世界中から賞賛される非凡なターンテーブル・スキル&ハイエナジー・パフォーマンスでLAビート・シーンの狂人とうたわれるザ・ガスランプ・キラー、本国アメリカのみならずヨーロッパでも大注目のガールズ・トリオ、ハイム、シカゴを拠点にトータスと共に、いわゆるポスト・ロック / 音響系というシーンを開拓してきたザ・シー・アンド・ケイクが意外にも苗場初参戦、そしてジョー・ストラマーが惚れ込んだクンビア・バンド、ベリー・ビー・ケアフルという、今回も幅のある海外勢9組が追加されました。

 国内勢も続々と決定! 来年結成30周年、初の日本武道館公演を控え乗りにノっている怒髪天、もはや常連のひとり、浅井健一東京スカパラダイスオーケストラのメンバーらと組んだ新バンド、バッド・ティーチャー・キル・クラブと共に登場、独自のジャパニーズ・スカを追求するドーベルマン、日本が誇るブルースマン近藤房之助斉藤和義×中村達也の超強力タッグ、マニッシュ・ボーイズ、昨年の電気グルーヴ@Red Marqueeは最高動員記録を樹立、こちらも常連、日本のテクノ・イノヴェーターDJ石野卓球、そして愛知は豊田が誇る爆音オーケストラ集団タートル・アイランドと、心地よく騒がせてくれそうな7組が決定しました。

 これまで発表された出演者、チケットの詳細などは〈FUJI ROCK FESTIVAL'13〉公式サイト(www.fujirockfestival.com)でご確認ください!

〈FUJI ROCK FESTIVAL’13〉
2013年7月26日(金) / 27日(土) / 28日(日)
会場:新潟県 湯沢町 苗場スキー場
時間:開場 9:00 / 開演 11:00(終演 23:00予定)
 
[チケット]
※3月9日(土)よりFRF’13期間特別価格での先行販売が開始!
※受付はローソン、e+、FRFオフィシャルショップ岩盤にて、
3月9日(土)10:00〜6月14日(金)23:00まで
 
3日通し券:税込42,800円 → FRF'13先行期間特別価格:税込39,800円
1日券(各日共限定10,000枚):税込17,800円 → FRF'13先行期間特別価格:税込16,800円

[出演]
NINE INCH NAILS(26日)
BJORK(27日)
THE CURE(28日)

KARL HYDE(New!)
SKRILLEX
JURASSIC 5 
The xx

(New!)
AIMEE MANN / 浅井健一 & Bad Teacher Kill Club(New!) / BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA / THE BAWDIES / BOYS NOIZE(LIVE)(New!) / BRINSLEY FORDE / CJ RAMONE / COHEED AND CAMBRIA / DANIEL LANOIS / DARKSTAR(New!) / DAUGHTER / DAVID MURRAY BIG BAND Featuring MACY GRAY(New!) / DEATH GRIPS / DIIV(New!) / DJ SHADOW / DOBERMAN(New!) / 怒髪天(New!) / EDDIE ROBERTS’ WEST COAST SOUNDS / FEED ME / FERMIN MUGURUZA KONTRAKANTXA / FLYING LOTUS / FOALS / FUN. / GARY CLARK JR. / THE GASLAMP KILLER(New!) / GENTLEMANS PISTOLS / HAIM(New!) / THE HOT 8 BRASS BAND / HURTS / JACK BEATS (DJ SET) / JAZZANOVA Live featuring PAUL RANDOLPH / JULIO BASHMORE / KEMURI / KENDRICK LAMAR / KILLSWITCH ENGAGE / 近藤房之介 & THE 1968 BAND(New!) / KYTE / LETTUCE / LOTUS / MANNISH BOYS(New!) / MAYA JANE COLES / MODESELEKTOR / MULATU ASTATKE / MUMFORD & SONS / OF MONSTERS AND MEN / 奥田民生 / PORTER ROBINSON / ROCKET FROM THE CRYPT / RON SEXSMITH / THE SEA AND CAKE(New!) / SPARKS / SUZANNE VEGA / TAHITI 80 / TAKKYU ISHINO(New!) / TAME IMPALA / TOM ODELL / TORO Y MOI / TOWER OF POWER / TURTLE ISLAND(New!) / VERY BE CAREFUL(New!) / YELLOWCARD / YO LA TENGO

and more artists to be announced
(アルファベット順 69アーティスト)
 
※総合お問い合わせ / オフィシャルサイト
www.fujirockfestival.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015