ニュース

『キル・ビル Vol.2』にロバート・ロドリゲスが楽曲提供

2003/11/27掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 世界的大ヒットを記録している『キル・ビル』の続編『キル・ビル Vol.2』(来春公開予定)に、『スパイキッズ』シリーズで知られる映画監督のロバート・ロドリゲスが自身の楽曲を提供することになりました。

 ロバート・ロドリゲスと言えば、投薬実験のアルバイトで稼いだお金を元に撮影した低予算映画『エル・マリアッチ』のヒットによってその名を馳せ、その後『フロム・ダスク・ティル・ドーン』ではクエンティン・タランティーノと組んでその実力を世に知らしめた映画監督ですが、これまでも自らの楽曲を『スパイ・キッズ』シリーズにて採用するなど、マルチな才能を発揮している“ポスト・タランティーノ”の筆頭的存在。単なる楽曲提供ながらも、タランティーノとのコンビ復活となると映画ファンはイヤでも期待してしまいます。

 なお、ロドリゲス監督の次作も『デスペラード』の続編となる『Once Upon A Time in Mexico:Desperado 2』(来春公開予定)。『キル・ビル』共々、期待して待ちましょう。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015