ニュース

「青春アミーゴ」「抱いてセニョリータ」などを手がけた作詞家zoppが青春音楽小説を発表

2016/01/14 12:54掲載
はてなブックマークに追加
「青春アミーゴ」「抱いてセニョリータ」などを手がけた作詞家zoppが青春音楽小説を発表
 修二と彰>「青春アミーゴ」山下智久「抱いてセニョリータ」などを手がけ、担当作品のトータル・セールスは2,000万枚を超える作詞家、zopp(ゾップ)が、書き下ろしの青春音楽小説『ソングス・アンド・リリックス』(講談社文庫刊)を2016年1月15日(金)に発表します。発売当日には東京・秋葉原 書泉ブックタワーにて記念トーク・ライヴを開催。

 「作詞家という謎めいた職業についてもっと知ってもらい、興味を持ってもらいたいから」(zopp)という想いが込められた『ソングス・アンド・リリックス』は作詞家を目指す主人公“黒崎 明”の視点を通じて展開される青春音楽小説で、大物作詞家のマネージメント事務所に所属しながら、ガールフレンドでレコード会社ディレクターの“里美”との連携を経て、プロの作詞家として成長していくプロセスを描き、ベールに包まれていた作詞業界にスポットを当てた内容となっています。

 また小説内では男性ヴォーカル・ユニット、アイドル女性歌手に向けた歌詞が紹介されていますが、その詞にメロディとアレンジを付けて発表するプロジェクトも進行しており、2月にはミュージック・ビデオを公開予定です。

[推薦コメント]

楽曲ニ命ヲ吹キ込ム言葉ノ魔法使イ、数々ノヒット作ヲ生ミ出シテイルzopp氏ノ歌詞ニ対スル思イ、価値観、哲学ヲ本作品デ垣間見セテクレテイル。彼ノ作詞シタ作品ヲ聴クダケデハ見レナカッタソノ部分ヲ登場人物ガストーリーヲ追ッテ赤裸々ニ語ルヨウデモアリ、詞ヲ生業ニスル人ダケデナク日常デ音楽ニ触レル貴方ノ心ニモ突キ刺ササルハズダ。
――ジャンケン・ジョニー(MAN WITH A MISSION)

zoppさんは言葉の一番おいしい所を使って料理する、コックさんのような詩人だと思う。小説楽しみです!
――渡辺大知(黒猫チェルシー)



■2016年1月15日発売
zopp
『ソングス・アンド・リリックス』

講談社文庫 / 691円 + 税

『ソングス・アンド・リリックス』発売記念トーク・ライヴ
kodanshabunko.com/songs.html
日時:1月15日(金)19:00〜
会場:東京・秋葉原 書泉ブックタワー
※イベント参加対象: 同店にて『ソングス・アンド・リリックス』購入された方
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015