ニュース

ソニー、独自のCCCD“レーベルゲートCD”を全廃に

2004/09/30掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 以前にお伝えしたように、導入の旗手であったエイベックス株式会社が採用の弾力化を発表したCCCD(コピーコントロールCD)。同じくその採用の有無を検討していた株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが、独自のネットワーク認証型CCCD“レーベルゲートCD”の発売を今後すべて止め、通常のコンパクト・ディスクとして発売することになった。(写真は奥田民生初のレーベルゲートCDとなった「サウンド・オブ・ミュージック」
 これは本日公式HPなどで発表されたもので、それによれば、2004年10月発売タイトル分の一部から段階的にレーベルゲートCDでの発売を終了し、同年11月17日以降発売する新譜については全て通常のコンパクト・ディスクとして発売するとのこと。

 今回の決定について同社は「著作権保護に対して、多くの音楽ユーザーの意識が高まり、一時の混乱期を脱したため」と発表しています。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015